« 銀座の台湾屋台の店 | トップページ | 韓国時代劇「王と妃」 »

ドラマ「グリーンローズ」

「グリーンローズ」を再放送していた。

ほとんどすべてDVDで録画できた。

以前、見られなかったところを見て、最後まで見てしまった。

復讐がうまくいくのかすごく心配だったが、捜査に当たった警察官が、全面的に協力してくれることになり、会長の意識も戻り、うまくいくように見えた。

しかし、会長は、真犯人をなぜかかばっていた。

そして、最終回には、実際の事件の経過が、再現された。

真犯人は、現在の社長で、オ・スアの婚約者であるシン・ヒョンテだということになったが、専務のほうは、シン・ヒョンテのあとに会長の首を絞めていたのに、シン・ヒョンテだけが追求されて、自殺して、一件落着になっていた。

専務は、便乗しただけだからいいのか?

主人公の依頼した弁護士が、捜査に当たった警察官のもと上司で、警察官が、弁護士の言うとおりに動き、犯人探しを手伝ったのは、意外だった。
そんなことができるものなのだろうか。

確かに真犯人を捕まえるのは重要だが、今、冤罪事件がいろいろあるなかで、警察官が真犯人検挙に協力するのは、日本の場合ありえないと思う。

韓国ではそういうものなのだろうか。

最初、無実の主人公が犯人に仕立てられるところも、ちょっとびっくりだが、その後も、予想外の展開で、面白かった。



|

« 銀座の台湾屋台の店 | トップページ | 韓国時代劇「王と妃」 »

韓国ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190978/42342902

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ「グリーンローズ」:

« 銀座の台湾屋台の店 | トップページ | 韓国時代劇「王と妃」 »