« 昨日みた光景 | トップページ | テ・ジョヨン35回目 »

千秋太后の登場人物

「千秋太后」は、人間関係が複雑。
「帝国の朝」で、最初のあたりに、宮中で大勢の女性を集めて、言い聞かせていたシーンは、おそらく太祖王建の29人の妃に、太祖王建の母が、お説教していたのだと思う。

29人のお妃から、大勢の王子や王女が生まれていたが、光宗が、かなり殺戮したらしい。

数百の豪族と家臣の首が落ちたそうだから。

千秋太后の実家である黄州の一族は、千秋太后の3兄弟(ファンボ・ソル、後に千秋太后となるファンボ・ス、後の成宗となる黄州院君)を残して、その両輪や叔父など、すべて殺された。
そのため、祖母に育てられていた3兄弟。

千秋太后が嫁いだ景宗も、母が殺されたらしい。

昨夜は、景宗が病死し、その後を継ぐのは、千秋太后の兄、黄州院君。
黄州院君は、ファンボ・スとその子供、つまりまだ赤ん坊の太子を殺せと、言われるが、そんなことはできないと答える。

恐ろしい。
王と妃とは、また別の恐ろしさ。

KBSWORLDの、登場人物を引用する。

みどころ
    日本初放送!
*巨大な高句麗の苦土を回復しようと大高麗の理想を抱き外勢の侵略に立ち向かう女傑、千秋太后の理想と夢、そして波乱万丈の人生を描く大河ドラマ!
*鎧を着た千秋太后の人間的一面と英雄としての姿を再照明し、華麗なアクションと戦闘シーン、そして登場人物の強烈なキャラクターが際立つ今年最高の期待作!
*韓国で初回放送19.8%、2話23.1%の高視聴率を記録し、早々と人気ドラマの座に君臨!
あらすじ
    渤海を滅亡させ勢いづいていた契丹勢力は、宋との大戦を前に背後をなくすために高麗を滅ぼそうとした。当時高麗は、契丹族を軽視し宋と親交を結んでいた。
80万の大軍を引き連れてきた契丹は降伏か、あるいは昔の高句麗の土地を与えてくれるよう要求した。
これにより土地を与えようとする成宗と決死抗戦を叫ぶ千秋太后は政治的葛藤に悩む。千秋太后は「北側では兵士たちが血を流して戦っているのに殿下は土地を与えて逃げるつもりか」と青筋を立てた。
一方「我が国で民が血を流すことは許されない。国よりも我が民1人の血がもっと大切だ」という成宗。高麗への各々の理想を胸に秘めながら、政治的見解が違う成宗と妹千秋太后に波乱が待っていた。
登場人物


       

千秋太后役:チェ・シラ
彼女の名はファンボ・スで、後に千秋太后になった。高麗帝国の創業者である太祖の孫娘で高麗5代王景宗の第3皇后、高麗6代王成宗の妹、そして高麗7代穆宗の母后だった女性。大高麗という理想のために自分の血縁と政敵にならなければならなかった。そしてそのために愛するもの全てを失わなければならなかったが、自ら高麗という選択を一度も手放すことができなかった。 964年太祖の息子戴宗旭とソニ王后の間に生まれた。母ソニ王后が早くに他界するとファンボ・スと兄弟たちは祖母シンジョン皇太后ファンボ(太祖の第4妃)の手で育てられる。その時、祖母の下で一緒に育った兄弟が第6代高麗国王成宗になるワンチと第8代高麗国王である顯宗の母であるホンジョン皇后ファンボ・ソルだ。ファンボ・スは王室の姫として生まれたが、最初からリーダーとして生まれたのではない。自らの理想を作りそのために体当たりでぶつかりながら成長してゆく人物だ。西経八関会に参加したファンボ・スは渤海流民の乱闘事件に巻き込まれカンジョとカン・ガムチャンに出会う。二人との縁と、祖母の教訓によりファンボ・スは散らばって暮す高句麗人、渤海人、新羅人を共にする大帝国高麗を夢見ることになる。

       

キム・チヤン役:キム・ソックン
ファンボ・ス、千秋太后の一生の恋人。新羅王族の子孫で新羅の復興を夢見る男。彼はファンボ・スが一生をかけて守ろうとした高麗を無くそうと彼女に近付く。しかし利用しなければならない対象である彼女を愛してしまった。キム・チヤンは新羅王族の子孫だ。幼い頃は自分の身分を知らないまま母と山里で暮らしたが、新羅復元の夢を見た父の政敵により母が暗殺された。その後、苦労しながら父を探すが、その父は彼が到着する直前に息絶えた。そして?眞人たちが住んでいた地域の片隅、新羅の復興を夢見る主戦派たちの部落で育つ。その時から頭に叩き込まれたのは新羅の復興と親の恨みを晴らす事だ。ファンボ・スとの出会いは運命的だった。彼女を利用しようと彼女について千秋宮に入る。そして彼女の成長とともに彼の勢力も徐々にその基盤が固くなる。しかし彼はためらう。彼女に対する彼の愛は既に彼の目的の足かせになっていた。愛と目的が互いの足かせになってしまった。

       

カンジョ役:チェ・ジェソン
千秋宮の姫時代からファンボ・スのそばを守って来た。最後の死の瞬間までファンボ・スのためにならどんな苦痛も耐える男。彼にとって愛は一生の祝福と同時に呪いだった。カンジョの祖父は渤海の名武将で、父親は定安國の名武将だった。定安國に反乱が起き父は殺され彼は定安國を脱出して高麗まで来た。だが高句麗を引き継いだ渤海の子孫である自分たちに温情を施すはずだという考えとは違い、彼と渤海の流民たちはけだもののように収容所に閉じこめられてしまった。その鬱憤を晴らそうと八関会が開かれる日、高麗王に会おうと暴動を起こした。そしてその日、彼は運命の女人ファンボ・スに会う。千秋宮に武官として入った日から彼はファンボ・スのそばで彼女を守り彼女の影として生きた。彼女が王(景宗)の妻になり宮に入った日、御輿についたのも彼だったし、すべてを失い息子さえ失って宮で追い出されたファンボ・スを守ったのも彼だった。ファンボ・スを見守りながら彼の中にファンボ・スを女として見る気持ちが徐々に芽生えていることに自ら苦しむ。ファンボ・スはあまりにも高貴な存在だったから・・・ただ側で彼女を守れるだけで満足しなければならないと自分に言い聞かせてきた。

       

カン・ガムチャン役:イ・ドクファ
高麗の名臣、太祖王健を助けて功を立てた三韓碧山功臣グンジンの息子。光宗の豪族首切り政策に巻き込まれて家が沒落、17歳の時から世の中を放浪しながら暮す。若い頃経験した家門の沒落という逆境にも屈せず、彼は広い心を持って生まれた人だった。だから苦難の歳月の中で自分の敵さえも可哀相だという考えを持つようになる。彼は自分がどんな時どこにいてもあまり不満がない。ただその時その場でうまく生きさえすれば良いと思っている。そのため彼は年を取るほどいたずら好きになるが、だからと言って何の考えもない人ではない。彼は誰よりも明皙で誰より状況判断も早い。一歩先に進んで考える。それが彼をもっと奇人のように見せたのかも知れない。

       

ワンウク(アンジョン・ウク/キョンジュ院君)役:キム・ホジン
太祖の八番目の息子で母親は新羅ギョンスン王の叔父キム・オクリョムの娘であるシンソン王太后金氏。景宗末期に次期王候補にあげられた人物。ファンボ家の人間である成宗よりは新羅系のシンソン王后金氏を母に持つワンウクを新羅も先に心に留めた。しかし彼は権勢欲がない。王になりたくもなく、政治に関わりたい気持ちも全くない。それよりは自由に生きて行きたい。だが素質がないわけではない。世の中を見る眼もあり、学問が好きで厚徳な人柄の持ち主。景宗の死後、婚家に出たファンボ・ソルに再び会い愛するようになる。

       

ホンジョン王后(ファン・ボソル)役:シネ
千秋太后と成宗の妹で、後日のホンジョン王后で顯宗の母。景宗の第4妃になるが後にワンウクとの間に顯宗を生む。清く明るい性格で幼い頃から姉であるファンボ・スや兄である成宗に愛される。幼い頃、渤海流民事件で出会ったアンジョン・ウクに片思いする。ところがその片思いは景宗に嫁げという家の命令で遂げられなかった。しかし宮に入って行っても彼女のアンジョン・ウクに対する愛だけは変わらなかった。夫の景宗は彼女にとって単なる兄的存在だった。

|

« 昨日みた光景 | トップページ | テ・ジョヨン35回目 »

千秋太后」カテゴリの記事

韓国ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190978/45378798

この記事へのトラックバック一覧です: 千秋太后の登場人物:

« 昨日みた光景 | トップページ | テ・ジョヨン35回目 »