« 韓国歴史ドラマ「千秋太后」と「帝国の朝」 | トップページ | 今見ている韓国ドラマと中国ドラマ »

「帝国の朝」85話と昨夜の「千秋太后」

昨夜の「千秋太后」では、景宗が悪夢でうなされる。
ナレーションで、その理由、歴史的事実を述べる。

「帝国の朝」は、別名というか、もともとの名前かもしれないが、光宗大王というのだそうで、光宗が、主人公なのだそうだ。

そして、全部で94話。
水曜の夜の85話が気にかかって、昨夜全部見た。

光宗が、ソ・ピンという4代の王に仕えた臣の首を「即刻斬れ」と命令する。
命がけでいさめたソ・ピンが、二心のない忠臣であることは、誰もが認めていた。
それで、それを伝え聞いた王妃や、臣下が集まって、ソ・ピンの命乞いをした。
光宗は、今度こそ許さないと、処刑する気だったが、命乞いを聞き入れて、許し、ソ・ピンをつれてこいと、ぎりぎになってから、命令した。

3里離れた処刑場に、ソ・ピンは、官服や冠、履物を脱がされ、罪人姿で、素足のまま歩いていった。
ソ・ピンを処刑する役目の役人は、できるだけ時間を稼いだが、日が暮れるから、処刑しようとしたとき、王からの使者が到着して、助かった。

そういうストーリーだった。

このソ・ピンが殺されるのかどうか、心配で見たのだが。。。
それから5年たったところで、85話は終わった。

しかし、この後、大殺戮があるらしい。

景宗は、光宗の次の王で、光宗が殺した王族、家臣たちの報復を認めるという報復法という法律を実施したらしい。

それでもまた、大勢死んだらしい。
その報復法のむごたらしい有様が悪夢になって出てくるというシーンが昨夜の千秋太后。

おそろしい。。。
高麗もこんなに恐ろしいんだ。。。

後の千秋太后になるファンボ・スは、シンジョン皇太后の孫。

シンジョン皇太后は、新羅系の陰謀を知り、景宗の妃に孫娘二人とも差し出す覚悟をする。

明福宮に戻り、シンジョン皇太后は、ファンボ・スに言い聞かせる。ファンボ・スは、もちろんいやがるが、シンジョン皇太后は、黄州の一族、ファンボ・スの両親を含むシンジョン皇太后の息子や娘、弟達が昔、皆殺しにされたことを、ファンボ・スに告げる。

そして、今、兄の命がかかっていることも。

兄の命を救うため、景宗に嫁ぎなさいと言われ、衝撃を受けるファンボ・ス。

そんな恐ろしい相手のところに、嫁ぐなんて、ものすごい勇気がいるのだろう。

妹のファンボ・ソルも、慶州院君への想いをあきらめて、一緒に嫁ぐことになるが。。。

やっとの思いで、景宗へ嫁いだのに、景宗からは、ひどい扱いを受け、皇后と第2妃からも、嘲笑される。

すごいどろどろ。

|

« 韓国歴史ドラマ「千秋太后」と「帝国の朝」 | トップページ | 今見ている韓国ドラマと中国ドラマ »

千秋太后」カテゴリの記事

帝国の朝」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

韓国ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190978/45317423

この記事へのトラックバック一覧です: 「帝国の朝」85話と昨夜の「千秋太后」:

« 韓国歴史ドラマ「千秋太后」と「帝国の朝」 | トップページ | 今見ている韓国ドラマと中国ドラマ »