« 中国武侠ドラマ「蓮城訣」のDVDが発売されるそうです | トップページ | テ・ジョヨン37回目 »

いま見ている韓国ドラマ

KBSWORLDの宣伝。

家族愛・恋・純粋・ヒューマニズムを追い求めて!
韓国の放送業界において最も長い歴史を持つKBS。KBSは多くの韓国人に涙と感動を与えてきました。その感動を今、アジアにも広げていきます。韓国人の情緒を感じ取れる、KBSドラマをご覧ください。

なのだそうだ。


      

結婚できない男           8月31日スタート
アクシデントカップル          再放送決定
ウェディング・ドレス        8月25日スタート
シングルパパは熱愛中        放送中
快刀ホン・ギルドン         再放送中
太陽の誘惑             放送中
家に帰る道             放送中(120話)
ギョンスクとギョンスクのお父さん  9月21日再放送スタート
お嬢さんをよろしく         10月26日スタート
千秋太后              放送中
PaPa(パパ)             放送中
初恋                放送中
憎くてももう一度          再放送中
別れる6段階            9月30日放送
ソル薬局の息子たち         放送中
白雪姫               放送中
逃亡者イ・ドゥヨン          再放送
透明人間チェ・ジャンス       8月29日スタート
ザ・スリングショット~男の物語~  8月27日再放送スタート
青春礼賛              9月26日スタート
ボディーガード           9月27日再放送スタート(土日)
かけがえのない我が子        放送中
オールドミスダイアリー       放送中 
チャンファ、ホンリョン       9月16日スタート
みんなでチャチャチャ        10月26日放送スタート(全150話)

これ以外に、LALATVで、王と私、マイスィートソウル。
TBSチャンネル系統で、エデンの東、ワーキングママ。
ホームドラマチャンネルで、BADLOVE、食客、など。
衛星劇場で、なんでウチにきたの!、女人天下、君は僕の運命、江南ママの教育戦争。
BSでは、龍の涙、不良家族、ベートーベンウィルス、ファッション70's、甘い人生、人魚姫など。
結局、HDRプラスだけでは、録画し切れなくて、三菱のDVDレコーダーに直接入力方式でも、録画している。
HDRプラスでは、EPモードだと高速ダビングできるけれども、裏番組はDRモードで録画するしかないので、高速ダビングできない。
だから、裏番組は、三菱DVDレコーダーに録画している。

三菱DVDレコーダーはBSも録画できるので、それらを組み合わせて、すべてを録画するのは、かなり難しい。

他にも、ヒストリーチャンネル、ナショナルジオグラフィックなどもあるわけなので、もう大変。

女人天下は、古い歴史ドラマで、視聴率も高かったそうで、見たかったドラマ。
やはり、悪女が主役。

韓国ドラマを見ていると、韓国では悪人や悪女が人気があるわけがわかってきた。

昔、天国の階段を見ていて、ヒロインをいじめまくる登場人物がいたが、それが人気だと聞いて驚いたけれども、いろいろ見ているうちに、権力にこびず、反逆して生きなければならなかった悪女や、ヒーロー達が、本当に面白いと思うようになった。

なにしろ、貴族や宮中の人間、両班などは、殺し合いまでしながら、生き延びるために、ありとあらゆることをやっていて、民衆は過酷に搾取されている。もちろん、殺されても拷問されても文句言えない。

そんな時代だったから、女人天下も、チャン・ヒビンも、それぞれ魅力的だったのだと思う。
チャン・ヒビンは、通してみたわけではないが、賢く美しく、権謀術数の真っ只中にある宮中で必死に生きていた。

ま、結局、負けて、殺されてしまい、悪女になってしまったのかもしれない。
勝ち残れば、悪女ではないのだろう。

政権が変わるたびに、前政権の大統領が、訴追され、死刑宣告を受けることもある。

そんな政治のありかたは、李氏朝鮮の時代と同じ。
いや、高麗のころもそうだった。

王が変われば、その王に従って生きてきた王妃、王妃側の親戚、王になり損ねた王族は、皆殺しにされかねない。

そんな謀略の達人でなければ生き残れない。

昨夜、朝鮮王朝最後の王妃、ミン妃の暗殺に関係した日本人が、謝罪に行ったというニュースを見た。

日本人の感覚と、現地のもと王族の感覚は違うみたいだった。
ミン妃の親戚は、こういう人が生き残っているのだと思った。
確か、ミン妃は孤児だったはずだけれども。

今、戦争中のことを、一方的に日本人が悪いみたいに言っている。

しかし、中国は、長年、朝鮮を属国にしていた。
侵略したこともあった。

中国が侵略したことは何も言わないで、日本だけが、いろいろやったみたいなことをいわれているが。

日本人は、韓国の歴史をもっと勉強したほうがいい。

韓国は政変を繰り返してきたのだから、中途半端におせっかいをするとやけどするだけだ。

ミン妃は、もとすごく頭がいい女性で、中国、ソ連、日本のパワーポリティックスをうまく利用していた。

日本よりも、一番パワーがあるソ連に、ミン妃は、頼ろうとしていたが、日本は、それは困るということだったらしい。

ミン妃暗殺という本を読んだが、その中にあるミン妃の写真は、堂々として、高く結い上げた髪の毛は、よく似合っていた。

いかにも賢く、高貴な感じの女性だった。

舅の大院君に見出されて、王妃になったけれども、その大院君と実権を争い、ミン妃が勝利したらしい。
なにしろ、朝鮮王朝末期は、王族や貴族が、没落したり、復権したり、忙しかったらしい。
いろいろな歴史ドラマを見ていると、本当に大変そうだとわかる。

ついこの前まで、官婢にされていた人が、復権したりするのだから。







|

« 中国武侠ドラマ「蓮城訣」のDVDが発売されるそうです | トップページ | テ・ジョヨン37回目 »

韓国ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190978/46026735

この記事へのトラックバック一覧です: いま見ている韓国ドラマ:

« 中国武侠ドラマ「蓮城訣」のDVDが発売されるそうです | トップページ | テ・ジョヨン37回目 »