« 歴史から戦争を学ぶ話 | トップページ | 中国の海洋戦略を考えれば、沖縄は風前の灯 »

テレビ番組とやらせ問題

鳩山首相たちのいる建物に向かって、土下座する年寄りの映像。
窓の外で、かなり離れている場所に一人だけ座って目立つように土下座している。
カメラからそこまでの距離は、100メートル以上はあるだろう。
大きな運動場のような場所。

テレビクルーが、その年寄りの家を訪ねて、「なぜ土下座したんですか」と聞く。
「土下座したくなったから」

あの映像を撮ってから、その年寄りを追いかけていくとしたら、間に合わないだろう。

これは、絶対やらせだ。

シナリオの勉強に六本木の教室に通ったとき、ドキュメンタリーの脚本とシナリオの脚本と結局は同じ、と教えられた。
この事実をばらしては、いけないかもしれないけれども、
ブログに書いたら、放送作家の先生を裏切ることになるかもしれないけれども。

書いてしまう。

ドキュメンタリーもバラエティも台本がある。

クイズ番組も台本があったら、本当に、うそばっかりということになるだろう。、

なんでも質問を受け付けるということなので、
私は、「ご長寿クイズ番組に、台本はあるんですか」という質問をした。
先生は、うーんといっていた。
あれは、いくらなんでも台本はないだろう、と思うけれども。
「それらしき紙が落ちていたのを見たとだけ答えておきましょう」

ドキュメンタリーは、視聴者が納得するような起承転結がなければいけない。

最後に、涙ポロリくらいの仕上がりでなければいけない。、

行き当たりばったりの取材で、まとまらないドキュメンタリーなんて放送できない。
ま、そういうことだと思う、

しかし、本当のことだと思ってみている視聴者にとっては、詐欺も同然かもしれない。

ニュースで取材するときも、突撃取材以外は、大体台本があるのだろう。

私は、今考えると、あの土下座は、絶対やらせだと思う。
すごく不自然。

やらせ取材で何度も問題になった朝日新聞だし。。。

大体、9万人集会なんていったって、沖縄本島の人口は138万人。

小さな離島ではない。

9万人は、14人に一人くらいに相当する。

本土からプロの活動家が大勢押し寄せているらしい。

そして、黄色のリポンを配ってまわって、手が込んでいる。

どこのプロだろう?

もちろん、社民党系や共産党系。
福島瑞穂などは、勝ち誇ったような顔で、沖縄の住民の声という。
本当だろうか。

プロの活動家が本土から来て、扇動し、米軍基地反対運動を盛り上げる。。
違う意見をいえなくなっていると思う。
とりあえず、目先のことだけを考えれば、そう思う人もいるかもしれない。
しかし、その影響を真剣に考えれば、そう簡単に結論は出ない。

TBSの日曜朝の番組で、関口宏が司会をしている番組。
「風を読む」とかいって、金子勝とか、田中裕子とか大学教授という名前で、もっともらしい顔をしているけれども。

今は、半分以上が大学に行く時代だし、人気のない大学は定員が埋まらない状態。
慶応大学といったって、試験科目は少ないし、偏差値が高いとは限らない。

お金がなくていけない人も大勢いるわけだから、大学生のレベルはかなり落ちている。

そのような大学で教えているからといって、どれほどえらいのか?

私の卒業した大学の図書室のおばさんは、高校の先生をかなり馬鹿にしていた。

大学の先生は、車夫や馬ていとは違う、偉い人という固定観念。
昔はそうだったらしい。

大学の先生は、雲の上の人。

今は違う。
高校生を教える高校の先生と、さほど変わらない。、
人数的に言っても、レベル的に言っても。
教育者としてならば、同じ。
大学の先生は研究をしなければいけない。

そう夫の恩師は、夫に言った。
若いころだけ研究して、その後は飲んだくれるだけの夫は、万年講師。

専門のことは詳しいけれども、ほとんど一般常識がない夫。
私が子供用に買っておいた百科事典(中学高校生用くらい。少し字が大きい)をすみからすみまで読んでいた。
今も放送大学を、毎日見ている。

専門以外のことは、知らないことがたくさんあるらしい。

それなのに、何だあれは。

あの田中とかいう女は、着物なんか着ちゃっているけれども、本当に日本人か?
金子勝と田中裕子の二人して、
「米軍の抑止力なんてないし、中国の脅威もない」なんてほざいている。

あいつらは、いったいどこの回し者だ??

TBSもテレビ朝日も、もういらない。

フジテレビは、かなりいろいろ報道していて、日曜日の夜、手島龍一が、海兵隊のことを詳しく解説してくれたのは、とても参考になった。
海兵隊は、大統領直属の軍隊で、大統領命令でどこへでもいくという。

だから、オバマ大統領はかなり怒っているらしい。

今、西太平洋には中国の潜水艦がいるわけで、米軍は、空母よりも、空輸に頼るJことになるらしい。

海兵隊が常駐していなくても、海兵隊の基地はあちこちにあるべきだ。

また、海兵隊は第一にアメリカ人を救出することになっているというのは、しょうがないだろう。

日本人のために血を流すという目的だとしたら、アメリカ国民が許さないだろう。
いくら安全保障条約があるとはいえ、費用も、人命もかかっているわけだから。

巨額の軍事予算を負担して、命がけで自国の国民を守るのが、国家の役割だ。

日本は、武装放棄させられたため、武装できない。
だから、アメリカ軍が駐留し、守っている。

中国軍の真実の姿は、大起元というホームページをみればよくわかる。

残虐なことも平気。
虐殺国家の伝統を、しっかり受け継いでいるのが今の中国共産党だ。

中国の建前と本音を見分けなければいけない。

アスペルガー症候群というのは、この建前と本音を理解できないらしい。

テレビ朝日もTBSもアスペルガー症候群か?
鳩山首相は、若干その気がありそう。

|

« 歴史から戦争を学ぶ話 | トップページ | 中国の海洋戦略を考えれば、沖縄は風前の灯 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

日本のドキュメンタリー番組」カテゴリの記事

民主党なんか大嫌いだ」カテゴリの記事

コメント

沖縄はかっては中国の領土であったなど本気で中国のネットにかかれているそうだ。こととしだいでは、中国領土へ移行することはそう難しいことではない。民主党政権では外国資本を日本へ呼び込むため、外国企業には法人税を下げる計画だそうである。外国人を優遇して沢山移民を受けるようにして将来日本を活性化するのが狙いとか。外国の企業が沢山できて外国人が沢山働き、日本人は働くところがなくなる可能性も大きいし、外国企業と外国人(中国人が主)が儲けるだけ。日本には税金も入らない。沖縄どころか日本全体は中国13億人に飲み込まれ、将来中国国民の最下位民族に成り果てることもあり得る。中国共産党はそんなに甘くはないぞ。沖縄の人もしっかりしてください。左脳のばかげた宣伝にのったら取り返しがつきません。もちろん沖縄以外の人も平和ボケしているときではありません。日本の屋台骨がぐらついているのに、のんびりできません。早く洗脳された平和ボケから脱出しなければ危険です。

投稿: 外国人参政権反対人 | 2010.05.13 12:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テレビ番組とやらせ問題:

« 歴史から戦争を学ぶ話 | トップページ | 中国の海洋戦略を考えれば、沖縄は風前の灯 »