« 韓国歴史ドラマ「王と妃」172回目(その6) | トップページ | 韓国歴史ドラマ「王と妃」173回目(その2) »

韓国歴史ドラマ「王と妃」173回目(その1)

 

チャン・ノクスは、韓国の三大悪女の一人で、燕山君の側室。

チャン・ノクスを紹介したのは、斉安大君。

美女を紹介するといっていた斉安大君の屋敷で、飲んだくれている燕山君。

173a1

一方、インス大妃は、実兄と相談中。

173a

173a_2

173a_3

世宗の時代から、科田の制度が始まった。
大臣在任中に、科田を与え、大臣を退任後は、変換することになっていたが、次第に私有化された。

173a_4

173a_5

173a_6

173a_7

173a_8

173b1

173b

173b_2

173b_3

173b_4

叔母の家に行くといって、立ち寄った燕山君を、寡婦だからと断った朴元宗だが、燕山君は、飲みつぶれてしまったので、叔母の家で介抱することになった。

173b_5

173b_6

173b_7

173b_8

173c1

173c

173c_2

173c_3

173c_4

173c_5

これも、事実ではないだろうと、ナレーションでは言っている。

|

« 韓国歴史ドラマ「王と妃」172回目(その6) | トップページ | 韓国歴史ドラマ「王と妃」173回目(その2) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

王と妃」カテゴリの記事

韓国ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190978/50680635

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国歴史ドラマ「王と妃」173回目(その1):

« 韓国歴史ドラマ「王と妃」172回目(その6) | トップページ | 韓国歴史ドラマ「王と妃」173回目(その2) »