« 韓国歴史ドラマ「帝国の朝」93回目(その1) | トップページ | 韓国歴史ドラマ「王と妃」150回目(その1) »

韓国歴史ドラマ「帝国の朝」93回目(その2)

光宗大王は、このセリフでは、りっぱな大王だ。
民衆のために、息子を殺すと。

帝国の土台を作るために、悪の根を摘むと。

しかし、韓国歴史ドラマ「千秋大后」では、「帝国の朝」に続く時代のことが描かれていて、それによると、光宗大王は、テモク王妃を自分の手で殺したことになっている。

そして、王妃の実家である黄州のファンボ氏も、すべて処刑したらしい。

千秋大后は、光宗大王の息子と結婚した。
千秋大后は、テモク王妃の姪。
千秋大后と成宗の父、王旭は、969年に死んでいる。
光宗大王は、在位:949年~975年だから、千秋大后の父は、光宗大王の在位中に死んだことになる。
テモク王妃を殺したほどだから、光宗大王は、ファンボ氏一族をも 処刑したのだろうか?

「光宗大王」では、そこまで描かれていないけれども。

D

D_2

D_3

E1

E

E_2

E_3

E_4

E_5

E_6

E_7

E_8

F1

F

F_2

F_3

F_4

F_5

F_6

F_7

F_8

G1

G_2

G

G_3

G_4

G_5

G_6

|

« 韓国歴史ドラマ「帝国の朝」93回目(その1) | トップページ | 韓国歴史ドラマ「王と妃」150回目(その1) »

帝国の朝」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

韓国ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190978/50834123

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国歴史ドラマ「帝国の朝」93回目(その2):

« 韓国歴史ドラマ「帝国の朝」93回目(その1) | トップページ | 韓国歴史ドラマ「王と妃」150回目(その1) »