« 韓国歴史ドラマ「戦友」8回目(その1) | トップページ | 韓国歴史ドラマ「王と妃」156回目(その1) »

韓国歴史ドラマ「王と妃」155回目(その5)

中殿ユン氏が砒素を持っていたことについて、侍女が拷問を受けて、殺されてしまう。

A

中殿の母のこと。

A_2

A_3

申氏は、中殿の母、府夫人。
実は、府夫人が砒素を持ち込んでいた。

A_4

A_5

A_6

内人(中殿の侍女)がすべての罪をかぶり、殺されてしまう。

A_7

中殿復位を、考える二人。
しかし、インス大妃は反対する。

A_8

A_9

A_10

A_11

A_12

このせりふ「それはなりませぬ」は、部屋の外にいたインス大妃のせりふ。
おそろしいー!!

A_13

A_14

A_15

A_16

A_17



ブログランキング参加してます。
応援ぽちよろしくお願いいたします。
テレビブログランキング
人気ブログランキングへ
このブログのトップページへ戻る→今日的見聞録

|

« 韓国歴史ドラマ「戦友」8回目(その1) | トップページ | 韓国歴史ドラマ「王と妃」156回目(その1) »

王と妃」カテゴリの記事

韓国ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190978/52071511

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国歴史ドラマ「王と妃」155回目(その5):

« 韓国歴史ドラマ「戦友」8回目(その1) | トップページ | 韓国歴史ドラマ「王と妃」156回目(その1) »