« 韓国ドキュメンタリー「連続殺人犯J](その5) | トップページ | 韓国ドキュメンタリー「連続殺人犯J](その6) »

BSバージョンの「王と妃」が終わりました

私が、以前見たのはフルバージョンの「王と妃」で、一回が、45分から50分くらいだったと思う。
短い方だけれども、BSの1時間枠として放送すると、コマーシャル分を確保するために、37分くらいにカットされてしまう。
だから、みんな短くなっていたようだ。

私が見ていなかった部分が見れたのは、よかった。
死六臣の話は、すごかった。

しかし、見ていた部分については、迫力がなかった。

成宗の側室たちを燕山君が拷問するシーンは若干放送されたけれども、前に見たときは、もっとすごかったと思う。

延々と行われていたし、他にももっと多くの処刑シーンとかがあったと思う。

また、セリフが違う場所とか、短縮されたらしき場所があった。
ナレーションなどは、かなりカットされていたのではないだろうか。

「王と妃」をKBSWORLDで放送したとき、何て残虐なんだろうと思った。

カダフィ大佐の処刑シーンは、「凄惨なので、気を付けて下さい」みたいなコメント付だったけれども、「王と妃」の処刑シーンの方がもっとすごい。
しかも、何度も何度も行われる。

これほどひどいシーンをお茶の間で子供が見ていていいのだろうか、と、日本では騒がれるに違いない。

北朝鮮では、いまだに、高官が処刑されたらしいという話がニュースになっている。
公開処刑が行われているそうだ。

李氏朝鮮の時代と同じだ。

とはいうものの、「王と妃」のフルバージョンは、やっぱりすごい

「秋の童話」のフルバージョンの最終話を昨夜初めて見たような気がする。

ウンソを取り巻く二人の男性は、結局、二人とも後追い自殺のような死に方をすることになっていたらしい。
知らなかった。

カットされたバージョンの方が、ラブストーリーとしては余韻がある。

ブログランキング参加してます。
応援ぽちよろしくお願いいたします。
テレビブログランキング
人気ブログランキングへ
このブログのトップページへ戻る→今日的見聞録

|

« 韓国ドキュメンタリー「連続殺人犯J](その5) | トップページ | 韓国ドキュメンタリー「連続殺人犯J](その6) »

王と妃」カテゴリの記事

韓国ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190978/53128919

この記事へのトラックバック一覧です: BSバージョンの「王と妃」が終わりました:

« 韓国ドキュメンタリー「連続殺人犯J](その5) | トップページ | 韓国ドキュメンタリー「連続殺人犯J](その6) »