« 韓国ドラマ「夜叉」 | トップページ | 河本準一の生活保護不正受給問題と片山さつきバッシング »

「夜叉」を最終話まで見ました

いいドラマには、テーマがあると教えてもらった。
この「夜叉」には、テーマがあるようにも思える。


ドンノクと、ベッキョル兄弟は、本当の兄弟ではないらしいけれども。
回想シーンで、ちょこっと出てくるの詳しい事情は分からない。

ドンノクは、王権を守るために、命をささげた内侍ト・シピョンの言葉を、思い出す。

「この王を見ていると、王権を守ろうとした私と、廷臣の権力で国を動かそうとしたカン・チスンの両方がいなくなったとき、この国はどうなるのだろうかと思う時がある」と。

最後、内侍ト・シピョンは、王の側室殺害の疑いをかけられて、毒を飲まされる。

カン・チスンは、謀反に反対する長男に殺される。

最大の功労者であるト・シピョンの命を助けるように、王に聞いてもらえるはずのただ一つの願いを告げた時、それはできない、すでに命令は下されたと答える。

そして、これが政治なのだ、と、王は言う。


この脚本家もしくは、監督は、すごい政治風刺の意味を込めているのだろうか?

朱蒙の撮影の時、様々な政治的な動きがあったようだけれども。

政治と歴史ドラマの認識については、韓国と中国の間でかなり食い違いがある。


もちろん、韓国の歴史観が正しいわけではない。


日本と韓国の間にも大きな溝がある。


そのようなギャップに翻弄されて、政治に愛想を尽かしたのだろうか。

最後は、反乱軍の指揮者となったベッキョルのところへ、ドンノクが駆けつける。

「女ひとり守れなくてどうする」とドンノクは、ベッキョルにいう。

チョンミンを馬にのせて、逃がして、
「美しい顔にしわができるまで長生きしろ、そうでなければ、俺は、夜叉のままだ。人間になれない」
とドンノクは告げる。


そして、圧倒的な王とカン・チスンの長男の軍に立ち向かっていく。


痛烈な皮肉。。。

かな?


最後は、感動的というのだろうか。

美しい女を守るために、強い男が命をささげるというドラマは、たとえば、美しくない女はどう思うだろうか。


純粋な愛として、自己犠牲の極致として、賞賛すべきか?


ま、どうしようもないという感想が残るだけなんだけれども。


|

« 韓国ドラマ「夜叉」 | トップページ | 河本準一の生活保護不正受給問題と片山さつきバッシング »

韓国ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190978/54789122

この記事へのトラックバック一覧です: 「夜叉」を最終話まで見ました:

« 韓国ドラマ「夜叉」 | トップページ | 河本準一の生活保護不正受給問題と片山さつきバッシング »