« NHKスペシャル中国文明の謎って、中国の宣伝番組 | トップページ | キッチンリフォーム終わりました »

「インス大妃」と「王と妃」

「王と妃」がすごく面白かったので、「インス大妃」も期待してみていた。

同じ人物が主人公で、演じる女優も同じだから。

インス大妃役のチェ・シラは、年齢を感じさせないというわけにはいかないらしく、別の女優が若い時を演じていた。

どうみても、かわいらしいイメージは、出せないらしい。

今は、成宗に「自分は不幸者」だと言わせて、大妃の座を手に入れたところだけれども。

ソンヨンという女官が、年上の乳母役だったけれども、成宗に一番愛されて、側室になるというストーリーになっている。

もしかして、これが、廃妃となるのか、と思った。

ソンヨンは、家系図がないけれども、なんとか宮中にもぐりこんだという設定。

「王と妃」の廃妃は、貧乏だけれども、誇り高い士大夫階級出身の強烈な個性で、インス大妃と張り合うという人物設定だった。

そのため、対立がすごくて、死んでも呪い続けるみたいな凄味があったけれども。

今回は、全然違う。

なんか、おもしろくない。

あまり怖さがない。

ただ単に、女のいやらしさを感じる。
幼い成宗をたぶらかして、側室におさまってしまう女官という感じ。

王妃チャン・ノクスのほうを、BSで録画してあったので、時々見ているが、キーセンの踊りは、恨みを秘めて、踊るものなのだそうだ。

ま、チェ・シラの演じるインス大妃は、今回、大王大妃にも嫌われていて、ほとんど味方がいないのに、字が読めるから、政治を当然のごとく仕切っていくという設定らしい。

インス大妃を欠かさず見ていたわけではなく、録画だけしていて、どうなってるのかな、と見てみただけの印象だけれども。

「王と妃」は史実を忠実に再現していたそうで、解説も面白かったけれども。
「インス大妃」は、捏造史観のようなドラマで、全然面白くない。

|

« NHKスペシャル中国文明の謎って、中国の宣伝番組 | トップページ | キッチンリフォーム終わりました »

王と妃」カテゴリの記事

韓国ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190978/56894161

この記事へのトラックバック一覧です: 「インス大妃」と「王と妃」:

« NHKスペシャル中国文明の謎って、中国の宣伝番組 | トップページ | キッチンリフォーム終わりました »