« 「それでも青い日に」かなりおもしろくて。。。 | トップページ | 東住吉事件って »

映画「ベルリンファイル」見てしまった&韓国ドラマ「スパイ~愛を守るもの」

「ベルリンファイル」って言う映画、ムービープラスで、見てしまった。
これって、韓国映画だったんだね。

でも、英語が出てくるし、ドイツ語が出てくるし、舞台はドイツだし、でも主人公というか、最後に勝つのは韓国の諜報部だから、韓国映画か。

今、一番すごいスパイ合戦は、南北朝鮮か?

衛星劇場で「スパイ~愛を守るもの」というドラマが始まっているが、これも、かなりすごい。

なんと、韓国にいる夫婦が、実は、もと北朝鮮スパイで、現在、息子が韓国情報部に極秘勤務しているが、その息子を北朝鮮のスパイにしろという指令が下ったというすごいストーリー。。
母親は、息子を守るため、夫は、妻を守るために、命がけだが、北朝鮮からの指令は、息子の携帯とパソコンにハッキングのチップをインストールするというもの。
それを実行してしまう。
すると・・・・・・・

というわけで、これもすごい。

「ベルリンファイル」のラストは、主人公が一人生き残り、妻とおなかの子は死んでしまう。

韓国の情報部らしき人間で生き残った人間から、「ひっそりと息だけをして生きていけ」といわれる。

北朝鮮のトップらしき人物から、「よくも息子を殺したな、お前を死にたいと思うほど痛めつけてやる」という電話がかかるが、その携帯をゴミ箱に捨て、ロシアに出国する。

途中から見ただけなので、いまいちよくわからないが、二重スパイなどいろいろな仕掛けがあって、いまどきの時代背景もあり、「シュリ」よりもすごい14年後の映画と、ウェブには描かれているが、確かに、すごい。

この緊迫感は、ほかの国にはないかも。
同じ民族でありながら、死闘を繰り返す。

シリアとか、イラクとか、そういう話なら、いろいろあるが、それでも、韓国と北朝鮮の緊迫感は、もっとすごい。

陰湿というか、陰に隠れて、二重スパイなどという話は、アラブにはあまりなくて、北朝鮮と韓国には、よくある話なのだろう。

それは、それですごい。
日本にも、日本人に帰化したり、在日として生活していても、韓国よりか、北朝鮮よりか、あるらしい。

どちらでもいいと思っている人なら、関係ないだろうが、北朝鮮側の人間であれば、必死でいろいろ政治工作などしているかも。

アントニオ猪木とか、土井たかことか、北朝鮮にいって歓迎されているらしいが、彼らは北朝鮮側の人間なのだろう。

|

« 「それでも青い日に」かなりおもしろくて。。。 | トップページ | 東住吉事件って »

韓国映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ベルリンファイル」見てしまった&韓国ドラマ「スパイ~愛を守るもの」:

« 「それでも青い日に」かなりおもしろくて。。。 | トップページ | 東住吉事件って »