« 最近見ている番組 | トップページ | 「私の心は花の雨」は、あまり面白くない »

「星になって輝く」終わりました

韓国ドラマの最終回は、ハッピーエンドが多いんだけれども。

これも、完璧なハッピーエンド。

オ・エスクは、刑務所の中で、いろいろな資格をとり、無期懲役だけれども、出所できるようにがんばっている。

モランは、お直しの仕事と、クッパやさんのアルバイトで、自力で再出発している。


しかし、ボンヒは出産のとき、出血多量で、輸血が必要だったが、RHマイナスだった!!
そのため、ソングクがクッパの出前を持ってきたモランを追いかけて、輸血させることができた。。。

ボンヒは、見事出産し、仕事も順調。

命の恩人のモランを、ボンヒは、会社にデザイナーとして迎えた。

最後は、4人で仲良く歩いていく。


ま、イ・チャンソクが、意識がない寝たきりで、1年間生きているのが不思議なんだけれども。
点滴も、経鼻栄養もしてなかった。

次のテレビ小説始まったけれども。

朝鮮戦争で、入れ替わった運命というけれども。
医師と看護婦のカップルが、逃げる途中で、患者の妊婦を助けるんだけれども。

医師が死亡し、出産間じかの看護婦と、妊婦が、医師の実家のある大師(テグ)につくが、先に着いた妊婦が医師の実家に嫁として迎えられる。
なりすます。

遅れた看護婦は、嫁になりすましていた女に、赤ちゃんを奪われて、捨てられ、医師の実家に行けず。

そして、それぞれの娘は、大きくなり、医師の実家で育ったほうは裕福に、貧しい家のやさしいお父さんに拾われたほうは、貧しくても、牛乳配達をして、大学に行こうとしているというわけ。

医師は、爆撃で意識を失って倒れていたが、死体は見つかっていない。
医師が、生きているに違いない。

なりすました女の化けの皮がはがれるには、その方法しかない。

しかし、いつも同じような設定なんだけれども。

|

« 最近見ている番組 | トップページ | 「私の心は花の雨」は、あまり面白くない »

韓国ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190978/63656188

この記事へのトラックバック一覧です: 「星になって輝く」終わりました:

« 最近見ている番組 | トップページ | 「私の心は花の雨」は、あまり面白くない »