« 「感激時代ー闘神の誕生」おもしろくなってきました | トップページ | 「私の心は花の雨」おもしろくなってきました »

「風中の縁」という台湾のドラマの陰謀がすごいです

中国語だから、中国のドラマと思ってはいけない。台湾のドラマだった。
前漢の時代か、もしくは、架空の時代。
砂漠の民族と南朝が対立している。

 

その中で、陰謀がいろいろあって。

 

砂漠で狼と一緒にそだったシンゲツ。

 

そのシンゲツが二人の男性に愛されて・・・
結局その二人の男性の間で揺れ動くが。

 

二人とも立派な男性。
歩けない男性のほうが気を使ってくれているが、自分に一番優しいのは彼だった。
しかし、足が悪く、なげやりで子供は作らないという男性。

 

 

シンゲツは南朝の宮廷に出入りするようになる。

 

中国の帝国だったら、もっと前に殺されてもおかしくないのだが。

 

シンゲツを愛する男性は二人とも、陰謀に巻き込まれていく。

 

その陰謀のl恐ろしさは絶え間なく、かなりすごい。下手をしたら、命も奪うものだった。
砂漠の美女を捧げるというストーリー。

 

砂漠のほうが美しい女性が多かったのだろうか。

 

 

細かくストーリーを言うと、ところどころ「ありえないでしょ、それは」と思うような、奇跡的な回復をしたりするのだが。

 

 

 

中国では、3人集まると陰謀が始まると言われるそうだが、次々に陰謀がめぐらされて、皇帝の周囲では、有力な万家の支配をさらに確実にするために、皇后や皇帝の妹などが、これでもか、というほど、シンゲツや側室になった秦湘を苦しめる。
この秦湘が実は、復讐のために後宮に入ったというすごい女。

 

しかし、その秦湘の最後は、目的を果たしつつも、真に愛した人を復讐のために利用していたが、陰謀で殺されてしまうと、身を投げて自殺する。

 

シンゲツは、二人の男性の間で揺れ動くが、最後、死んだことにして、シンゲツとその相手の男性は、逃げ伸びて、幸せな家庭を築く。

 

権力のそばにいては、身が持たないというすごい世界。

 

中国では、中南海という日本の永田町に相当する場所では、陰謀がめぐらされているそうだけれども。
習近平と江沢民の権力闘争や、毛沢東が文化大革命を起こして、多くの人を死に追いやりながら、権力を握ったことを考えると、本当に中国のすごさを感じる。

 

ドラマの中で、陰謀を予測しながら、賢明に対応するシンゲツたち。

 

日本ではありえないようなストーリーなんだよね。

 

ラブストーリーで人気だったそうだが。
確かにラブストーリーとしても、無償の愛をささげて、自分の体を犠牲にしても、愛する女性とその女性の相手の男性を助けるという感動的な話で、立派な登場人物だし、素晴らしいと思う。

 

ただ、狼にそだてられたというシンゲツがちょっとね。

 

狼をにいさんと呼ぶわけで、ま、そういうところは、さておき。

 

陰謀のすごさは、武侠ドラマでも思ったが、宮廷を舞台にしたドラマでの陰謀のすごさは、かなりすごい。

 

「草原の恋」もおもしろかったが、清朝初期の実話なのだろうか、とおもっていた。

 

今度は、架空の話なので、話がすごい。

 

 

これほどの陰謀を考えるとは、日本人には、想像もつかない。

|

« 「感激時代ー闘神の誕生」おもしろくなってきました | トップページ | 「私の心は花の雨」おもしろくなってきました »

台湾のドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「風中の縁」という台湾のドラマの陰謀がすごいです:

« 「感激時代ー闘神の誕生」おもしろくなってきました | トップページ | 「私の心は花の雨」おもしろくなってきました »