« 「私の心は花の雨」いよいよラストスパートか | トップページ | 「私の心は花の雨」終わってしまいました »

あと3回で終わる「私の心は花の雨」

124回目。ケオク社長は、ついになくなってしまい、お葬式。
そこに、参列しようとしたソ・ヨニをイルランたちは追い返して、スンジェと会わないようにするが、夢にケオク社長が出てきて、イルランを殺そうとする。
ソノを左遷しようとしたイルランに、父親のパク会長が、本物のソ・ヨニの写真をスンジェに見せると脅し、会いに行くが、そこに、スンジェが鉢合わせして、イルランたちは、大慌てする。しかし、スンジェの前で、パク会長は、何も言わず、イルランとイ・スチャンには、ミソンの半分をよこせと脅す。
スンジェは、家政婦がケオク社長が死んだ日、休んでいたことを、ヘジュと家政婦の話から知る。家政婦の孫が生まれた日だった。すると、「ドクスが嘘をついている」といったイルランが、嘘をついていることを知るわけ。だんだんとイルランを疑い始めたスンジェ。

金曜日の125回目、ついにスンジェは、ソナという名前を書いているうちに、ソ・ヨニの顔を思い出した。そこに顔を出したイルラン!!
そして、株をイルランたちが買い占めていることも調べて。
しかし、ミソンをとられないように、チョという人物に、何か、させるらしい。

イルランたちは、ミソンを売り飛ばして、逃げる準備をするが。

いったい、どうなるのか。
スンジェは、ガンウクを秘書にして、信頼していたが、ガンウクがイ・スチャンンの息子だと知って、信用するのをやめる。
ところが、ガンウクは、イ・スチャンたちの話を立ち聞きして、偽物であることを、知ってしまった。スンジェに言わないように、頼むが、ガンウクは1週間だ、と期限を切る。

そこで、なんと、ヘジュは、自分が妹であると名乗り、自殺未遂のまねをして、ガンウクを呼び寄せ、病院に運ばせる。本当に悪い奴ですね。
「それでも青い日に」のときも、ヘジュ役の女優が悪役を演じていて、今回も、これでもか、と、悪役を演じている。

ドクスは、本物のソ・ヨニを知る昔の看護婦を探しに、出かけてしまう。
どうなるのか、ラスト3回。

本当に、イ・スチャンと、ヘジュは悪い奴。
「それでも青い日に」でも、さんざん悩まされたけれども。

今回も、とことん、悪い奴だ。

|

« 「私の心は花の雨」いよいよラストスパートか | トップページ | 「私の心は花の雨」終わってしまいました »

韓国ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190978/64454888

この記事へのトラックバック一覧です: あと3回で終わる「私の心は花の雨」:

« 「私の心は花の雨」いよいよラストスパートか | トップページ | 「私の心は花の雨」終わってしまいました »