« 韓国のTV小説と映画 | トップページ | TV小説「浪よ波よ」は、どういう結末へいくのか »

安倍政権

最近の安倍政権は、国民意識と乖離している。

先日知人に、安倍政権のもりかけすぱ問題は、マスコミが言ってるだけと、言われた。
彼女は、自民党の国会議員経験者。

どうしてそこまで思えるのかとびっくり。

私の祖父は政治家だったことを初めて彼女に言った。
母に、政治の話を聞かされてそだった。

母はどこかに行くとき、手土産をかかさない人だった。
政治家に頼み事をするときの手土産と賄賂とどう違うのかわからない。

潔癖症といわれれば、それまでだが。
利益誘導型政治と、賄賂との境目がわからない。


中国韓国などは、賄賂が欠かせないらしい。

祖父については、人のために働きまくって、脳卒中で死んでしまったのだから、政治家なんて馬鹿らしいと思った。

村長と県会議員だったそうだ。

しかし、政治の裏話などを聞くと、政治家は嫌いだと思う。

今回も、安倍首相に振り回されて、財務省では上り詰めた局長までもが、処分を受け、刑事訴追までされ、自殺者が二人も出て、それでも、安倍首相は一言もない。


挙句の果てに、加計理事長が、理事会で、職員を処分したと記者会見を25分開いた。

安倍首相が後押しをしているかのようなうそをついたため、という。

コメンテーターは、うそをついたといううそは、なんなんだろう、とコメントした。

ロジックの問題で、
「クレタ人はうそつきだと、クレタ人が言った」というのがある。
この文章自体が、矛盾をはらんでいる。
もしクレタ人がうそつきだとする。
するとこの文章は、クレタ人は正しいことを言ったことになる。

もし、クレタ人がうそつきではないとする。
するとこの文章では、クレタ人はうそをついたことになる。

議論の最中に、このような表現で相手を惑わす戦術もある。


しかし、上に立つものが、言葉だけで、矛盾のある話をすれば、部下はどうすることもできない。
徳や、仁が必要とされるわけだ。

だが、今、日本の社会は、安倍政権は、あらゆる面で、支配力を強め、政治家主導のしくみをつくりながら、その政治家が、矛盾する発言と行動で、マスコミを煙に巻いている。

これは、無意識にやっているだけかもしれない。
無意識にこのような行動ができるのは、一種の才能だ。

しかし、今、北朝鮮、中国、アメリカ、ロシア、すべての国が、日本に対して、敵対的な行動を取る可能性のある現状では、混乱したままの日本は、どうすることもできないまま、奈落のそこに落ちていくしかないのだろう。


最近は、安倍首相の顔を見るだけで腹が立つ。

さらに、緊急事態条項を含めた憲法改正案をまともに審議しようとしているらしい。

緊急事態条項とはヒトラーが政権を奪取したときの手法と同じで、緊急事態を宣言すれば、安倍首相が全権を握り、命令できるようになる条項なのだとか。

これほど、恐ろしいものはない。

安倍首相や、稲田前防衛大臣は、生長の家という宗教の信者なのだそうだ.,

生長の家から、日本会議という組織が分裂し、国会議員の多くがこの組織に所属しているらしい。

憲法問題のテレビ番組で、日本会議という言葉を言っていた。

今地震がせまっているらしいが、現在の国債発行残高1300兆円に加え、もし、南海地震や、首都直下地震などが起きれば、千兆円単位の被害が出ると今月発表されたらしい。
そのときに、緊急事態を宣言するなら、どうなるのだろうか。

安倍首相は、しめしめと思うのだろうか。
日本は世界で一番安全な国といわれて、外国から大勢の人が逃げ込んでいるが。
いったい、いつまで、と思わざるを得ない。

どこかに逃げ出したいが。。。


|

« 韓国のTV小説と映画 | トップページ | TV小説「浪よ波よ」は、どういう結末へいくのか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190978/66882664

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍政権:

« 韓国のTV小説と映画 | トップページ | TV小説「浪よ波よ」は、どういう結末へいくのか »