« 波よ波よは、いよいよラスト | トップページ

ヒストリーチャンネルの北朝鮮関係と軍事技術の新番組

10月14日だけ、放送した番組。

偶然見てびっくり。
北朝鮮問題をいろいろな角度から分析している。

北朝鮮が核兵器を持ち、ロシアや、中国が後ろ盾になっている現状では、打つ手がないという結論。
いろいろなケース、斬首作戦や、爆撃作戦も含めて、検討していた。

北朝鮮とトランプ大統領の会談は、このような背景から見ると、どうなのだろうか?

もう一つ、新番組で、脅威の巨大爆弾というのがあった。これもすごかった。
軍事技術の新時代という副題が付いている。

2017年4月13日の日没直後、近代の戦争は永遠に変わった。アメリカが史上最大の非核兵器を戦闘で使用したのだ。。The mother of all bomb「すべての爆弾の母」だ。もlはや軍拡競争の主点は核開発ではなくなった。

というナレーションから始まる。
そして、ロシアは、なんと、「すべての爆弾の父」を作ってしまい、中国は超音速のICBMを所有しているという。

通常兵器の威力が核兵器に追いついてきたという。

大きさよりスピードや命中精度がものを言う。次の世界戦争の主役はSF世界波のハイテク兵器だ。宇宙空間での闘に備えている。ドローンの大群が押し寄せる。超強力兵器が飛び交う未来はそう遠くない。

GBU-43大規模爆風爆弾という爆弾が、ISの地下施設を爆破した。
総重量10トン。一瞬で脳が破壊され、死に至る。90名以上のIS戦闘員がカンダハル州の拠点で何週間も交戦していたが、全員死亡した。

もしシアトルなどで爆発したら、3ブロックにわたり、屋外にいる人々が死亡する。衝撃波が音速なみの速さで街路を通り抜ける。破壊しながら。
爆心の10メートル以内の人は灰になる。
50メートル以内の人は窒息死する。
120メートル以内の人はひどいやけどを負う。
むごたらしいものとなる、「すべての爆弾の母」MOABが投下された5ヵ月後、ロシアがシリアで燃料気化爆弾ATBIPを投下したという噂がSNSで流れた。「すべての爆弾の父」FOABだ。MOABの4倍の威力。TNT換算で44トン。爆風はより高温で破壊範囲は2倍になる。サイズはより小さく、重量は2.7トンも軽い。なぜなら、酸素を奪う爆発性の燃料がつまっているだけだからだ。サーモバリック爆弾または、燃料気化爆弾。

イランの地下100メートルにとても堅固な核施設があるそうだ。今は制限されているが、10から15年後は、作れるかの旺盛がある。イラン軍はとても優秀だ。アメリカ空軍には、大型貫通爆弾MOPがある。従来型の爆弾では最大でMOABよりも4トン重い。地中を貫通する。

宇宙空間を利用する兵器もいろいろある、【神の杖】は運動エネルギーだけで、衛星から発射される。まだ架空の兵器だ。
2017年ジェラルドフォード世界最強の空母をアメリカは就航させた。
時速8000キロの運動エネルギーに爆発性の弾頭が付いた極超音速兵器は、中国にある。DF-21D、空母キラー。
中国は強みを弱みに変えてやるといっている。空母を無力化してやる。と。
兵器の重要性は、大きさと、正確さ、そしてスピード。空母キラーにはそのすべてが備わる。超音速。音速の5倍(時速6120キロ)。10倍もありえる。
極超音速ミサイルは戦争に変革をもたらす。戦闘前に決着がつくからだ。速すぎる攻撃には防衛手段もない。詳細は不明だが、中国に、その能力はある。ブースト滑空の技術。ロケットと重力を使う方法。アメリカも開発を進めている。
レーザー兵器も配備されている。

ドローンの大群の兵器。

サイバー空間の脅威もある。

というわけで、びっくりして恐ろしくなったので、一人だけでびびってるのもいやなので、アップしました。

|

« 波よ波よは、いよいよラスト | トップページ

ヒストリーチャンネル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190978/67323422

この記事へのトラックバック一覧です: ヒストリーチャンネルの北朝鮮関係と軍事技術の新番組:

« 波よ波よは、いよいよラスト | トップページ