« 「むやみに切なく」と「透明なゆりかご」 | トップページ | 戦後の「ひろしま」の映画 »

古い写本の原点版聖書に秘められた予言というディスカバリーチャンネルの番組

ダビンチコードよりもすごい予言とかいうコード解読の番組ということで、録画して、早回しで見た。

 

レニングラード写本とか、なんとか写本とかあって、それをヘブライ語で解読すると、14文字おきで読むと秘密の予言が出てきて、契約の箱のありかもわかるとかで、エルサレムの発掘などもしながら、番組が、進行していった。最後は、行き止まりで、発掘は中途で終わっていたが、その予言の内容が、すごい。

 

欧米の指導者はキリスト教徒で、終末予言を信じているそうだが、今回、この予言には、朝鮮による原子爆弾投下という内容が含まれているという。

金正恩委員長が核兵器を所有することを黙認する方向らしいが、そのタイミングでこの番組はなんだろうか。

アメリカが、朝鮮の核兵器に襲われるという予言。

9・11も予言していたというその解読結果には、びっくり。。。

 

マジで信じているらしい研究者がたくさん出てくる。

そうなんですかね。。。

|

« 「むやみに切なく」と「透明なゆりかご」 | トップページ | 戦後の「ひろしま」の映画 »

J-COMドキュメンタリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「むやみに切なく」と「透明なゆりかご」 | トップページ | 戦後の「ひろしま」の映画 »