« 「少女サムセン」は、いよいよ真実が明らかになりました | トップページ | 古い写本の原点版聖書に秘められた予言というディスカバリーチャンネルの番組 »

「むやみに切なく」と「透明なゆりかご」

日本のドラマは、あまりみない。

ドラマ作りの学校に通っていたため、その作り方のパターンを知ってしまい、面白くなくなってしまったかもしれない。

勉強のために見るべきだけれども。

映画も勉強のために、見るべきだが。

あまり見ない。

やはり「ローマの休日」を宿題のために、何度も繰り返し見て、つまらなくなったかも。

シナリオの勉強をするとき、これから、ドラマや映画を見ても、楽しめなくなるかもしれないといわれたが、確かに。。。

とはいうものの、韓国ドラマは、日本のドラマ作りのセオリーから離れていて、びっくりするので、面白いのかも。

そして、最近見たのが、「むやみに切なく」という韓国ドラマと、「透明なゆりかご」という日本のドラマ。

「透明なゆりかご」は、話題にもなっていたが、確かに面白いというか、実際に起きている現実に、向き合って、素直に書いているところが好感が持てる。

面白く、かなり感動的だった。

しかし、「むやみに切なく」は、韓国ドラマのセオリーがだんだんわかってきた今、そのパターンがみえみえ。

第1話しか見ていないが、二人だけで。教会で結婚式を挙げたカップルに、襲い掛かる集団。

主人公の新郎は、ぼこぼこにされながら、反撃するが、ついに胸に銃弾が。。ところが、死なない。

そして、監督に、くってかかる。

1シーンだったのだ。

その次は、余命宣告を受けるこの主人公。

それを無視し、でかける。そして、ある女性を探すように頼んでいたが、見つけたと、告げる。

その女性は、危険を犯しながら、不法投棄現場を撮影して、秘密にするように渡された金で、借金を返済しているカメラマン。

わけありの人物設定で、ま、面白そうだが。

この二人が、愛し合うが、主人公はやがて死んでしまうから、「むやみに切なく」かな、と。

第1話のラストシーンで、二人は出会う。

でも、それほど面白そうとは思わないが、展開がどうなるかな、というだけの興味で録画するかも。

細菌の韓国ドラマは、かなり昔と変化してきている。

悪質な男にだまされるヒロインの復讐劇が、昔は多くて、おもしろかったが。

「黒騎士~永遠の約束」も、純愛を貫く男性が主人公。

少年時代、ヒロインの父に、教育を受けさせてもらった秀才が、主人公。ヒロインの父は、破産し、ヒロインは苦しい生活でもがんばって、働いている。

主人公は、大金持ちになり、スイスの古城を所有している。そこで、繰り広げられるロマンス。また不思議な人物などが出てきて、オーダーメイドの服をヒロインに作ってくれる。

ラストはどうなるのかナとは思うが。

それほど面白くない。

やはり、韓国ドラマは、恨(ハン)のドラマが、一番おもしろい。

 

|

« 「少女サムセン」は、いよいよ真実が明らかになりました | トップページ | 古い写本の原点版聖書に秘められた予言というディスカバリーチャンネルの番組 »

韓国ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「少女サムセン」は、いよいよ真実が明らかになりました | トップページ | 古い写本の原点版聖書に秘められた予言というディスカバリーチャンネルの番組 »