« KBSのテレビ小説「少女サムセン」が終わり、「ウンヒ」が始まりました | トップページ | ウィンドウズ7サポート終了で困りまくり »

KBSのTV小説「ウンヒ」かなりおもしろいです

またまた、はまっています、KBSのTV小説。

いつものおばあさん役が、すごくインパクトが強い。

ストーリーは、朝鮮戦争直前に、ウンヒの父親ヒョンマンは殺人犯とされて、そのまま非業の死を遂げてしまった。

そして、成長して、被害者の息子ソンジェと愛し合うが。。。

本当の殺人犯であるソックは、朝鮮戦争のとき、避難中に、社長のおばあさんが自殺しようとしたのを助けたため、養子となって、豆腐屋の工場長となり、さらに経営を任され、社長になり、国会議員を目指そうとしている。しかし、目撃者が現れ、その人物を離島に追いやったり、さまざまな悪事を重ねていく。ソックの娘であるヨンジュは、ソンジェを愛していて、無理矢理ウンヒからソンジェを引き離し、ソンジェと結婚しようとしているが、やはり、悪事を重ねていて、それがソンジェにばれて、婚約破棄を言い渡される。ま、そういうわけで、三角関係なんだけれども。

被害者の母であるおばあさんが、ヒョンマンを殺人犯として憎んでいるのに、本当の殺人犯のソックを信頼して、経営を任せているわけ。。。

これは、ばれたらどうなるのだろうと、はらはらどきどき。

そして、豆腐屋の取引先であるソウルホテルの女社長が、実はウンヒの実母で、ヒョンマンの姉ということがわかり、これからどうなるのかと、おもって、毎回見ています。

どういう展開になるのか、楽しみ。

|

« KBSのテレビ小説「少女サムセン」が終わり、「ウンヒ」が始まりました | トップページ | ウィンドウズ7サポート終了で困りまくり »

韓国ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« KBSのテレビ小説「少女サムセン」が終わり、「ウンヒ」が始まりました | トップページ | ウィンドウズ7サポート終了で困りまくり »