カテゴリー「中国ウォッチング」の27件の記事

南シナ海問題

この前、習近平が、アメリカに行った時、オバマと会談したそうですが、ニュースで、その報道が流れました。

聞いていただけなんだけど、なんと
「ハワイで、太平洋を二分割して、アメリカと中国で、管理しよう】と提案したとか。

中国軍の高官がそういってたという話は聞きましたが、ついに、中国の国家主席として、訪米して、オバマ大統領に提案したんですね。

今回南シナ海問題で、ASEANが会合を開いたけど、結局何もできず、発表もないと。

そりゃそうでしょ、中国は、譲歩する気なんかないし、他の国は対抗できないし。

先日、日中韓で会談ひらいたけど、日本と韓国はトップが出席したのに、
中国はナンバー2。

つまり、中国からすれば、そういう扱いなんですよね。

格下!?

そして、台湾と対話したと。
戦後初めてだそうですが、習近平が訪台したそうです。

どういう意味か、だんだん意図が見えてきますよね。

中国さまさまの時代到来?

恐ろしや恐ろしや、なんてね。

怖いです。

やりたい放題ですね。

イギリスでも、バッキンガム宮殿にお泊りになった習近平様。
ドイツでは、爆買いしたとか。

毛沢東の絵を世界中でありがたくチョウダイシテいます!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「蘭陵王」ってかなりおもしろいけど

BSフジの「蘭陵王」3話から見始めたけれども、なんかかなり面白い。てい 
いつもの通り、残酷なシーンもあって。。。

蘭陵王の義兄弟というか、腹心の部下らしいのだけれども、シダツという人物を助けるために、敵中に侵入するところから、見始めた。、

シダツは、深手を負って、死にそう。
処刑される寸前で、雪舞の協力を得て、助けることができる。
しかし、体の中には、苦しめるために矢じりがたくさん残されていて、結局死んでしまうけれども、死の直前に、周の密偵がいると告げる。
また周の王が斉の国内で行方不明になっているという情報も告げる。

雪舞は、天女の血筋だとか。
雪舞は、祖母の予言により、蘭陵王と結ばれることはないと知っているので、蘭陵王と別れ、途中で死にかけた人物を助けて、ひどく貧しい村にたどりつく。

そこでは、泥水をすすって、敗れ、荒れ果てた家に住んでいた。
今の中国も、SAPIOの記事によれば、中国人は、ものすごく貧しい生活をしているという記事があったけれども。

その村では疫病がはやっているという。
周の密偵が潜入したらしいので、村全部を焼き払うという命令が出た。
雪舞は、驚いて、やめるように頼む。
7日間の間に、疫病を直すという約束で、許してもらう。
そして、雪舞は、水をきれいにする方法を知り、それで、おいしい食事も作れるようになり、村人は回復する。
うめんた
というストーリーだけれども。

おいしい水が出ないということで、貧しい暮らしをしいられている中国人は多いらしい。
村全体が、水が無くなって砂漠化している場所もあるらしいけれども、同じ村なのに、ある家には、おいしい水の出る井戸があり、別の家の井戸は、苦くて、とても飲めない水しかでないため、水代がかかって、貧しいというドキュメンタリー番組を、以前見た。

「日本人は、安全と水はただだと思っている」というと、よく言われる。
世界は、そうではない、というわけだ。
 
特に、21世紀は、水による争いが、多発しているらしい。


東南アジアでは、中国が上流にダムを作ってしまったために、いろいろな影響があるらしい。

イスラエルとパレスチナには、水をめぐる争いもあるらしい。

しかし、中国から日本を見る時、のどから手が出るほど、日本の水源がほしいだろう。

日本の水源地が、次々に買収されているという話は、有名だ。

今は、どのようになっているのだろうか。

中国国内は、急激な工業化で、地下水をくみ上げすぎて、水不足がひどくなり、また水質は悪化し、癌の村がたくさんあるらしい。

それを考えると、中国人は、日本がほしくて、たまらないのだろう。

「蘭陵王」のドラマも面白いけれども、きれいな水がいくらでも湧き出ている富士山麓の話などは、中国人には、想像もできないかもしれない。 

中国や世界の環境問題は、対価を支払ってもらって、日本から技術移転するべきだという話もあるけれども。

払うべき対価をもたないかもしれない。
軍事費や、国内の治安維持に、多額の出費をしている中国は、自国民の健康のために払う金はないのだ。

高級幹部は、外国に資産を移し、香港で出産し、外国の国籍を手に入れる。

とっくに、中国などみはなして、自分だけ、自分の一族だけ、生き残ればいいのだ。

同情するだけ、無駄というものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朱建栄氏のこと

朱建栄氏が、上海を訪れた際に中国当局に拘束されていたらしい。

国家機密漏洩罪だとか。

以前、朱建栄氏が書いた本を見て、私は、こんなことを書いていいのか、というような内容を見たことがある。

朝鮮戦争の初期、中国軍の配置、どこの軍がどのように進出したか、というような詳細な内容だった。

中国国内では、朝鮮戦争の話とか、文化大革命の話は、タブーであり、誰も資料を読めないと、日本に留学していた中国人留学生が、言ったけれども。

中国は、中国自体の侵略戦争を認めていないと思う。

しかし、実際には、北朝鮮に向けて、ソ連が了承しないのに、毛沢東が出陣したのは、歴史的事実らしいけれども、そのような内容が詳細にわかるような本だった。

日本の左翼も、朝鮮戦争はアメリカの侵略戦争などとたわごとを言っているが。

朱建栄氏の本を見て、こんなことをあからさまに書いていいのか、と思ったことがある。

その本は、買おうかどうか迷ったけれども、買わなかった。
かなり高い本だった。

今、アマゾンで検索してみたところ、それらしき本は見当たらない。

はっきり覚えているわけではないけれども、ないようだ。

買っておけばよかった。

本が、読む暇ないのに、増え続けて困るけれども、そういう本を買い逃すととても後悔する。

後になって買えなくなるくらいなら、買っておくほうがいいに決まってるわけで。


かなり長いこと拘束されていて、拷問とかされているかもしれないらしい。

テレビに出ている朱教授は、中国側の代弁者としてしか見えなかったので、なんだ、と思っていたけれども。

中国国内に入るのを待っていたのだろうか。

わなでも仕掛けられていたのだろうか。

家族が待っている中国に帰りたかったのだろう。

中国の民主化は、遠い先のことなのだろう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

昔録画したビデオ映像をDVDにしながら見ているとすごいのがある

すごいドキュメンタリーがあった。

チェルノブイリ原発事故の後、コンクリートで固めて、石棺にしたそうだけれども、その作業は簡単ではなかった。

最上部の屋上には、爆発の残骸などがあったが、そこに人力で作業をしなければならないことになった。

放射能の防護服なども、粗末なものであったけれども、時間を限って、交代で、屋上に入って、石棺のコンクリートで覆うための前作業をしていた。

ソ連の軍隊だから、下士官が監視して、作業員が作業していた。

みんな、命がけだ。

放射能を浴びてしまうことはわかっている。

今考えたら、不可能なレベルの高い放射能だった。

福島原発の4号機問題も、なかなか難しい問題があるけれども、ロボットを使って、写真を撮ったりしている。

しかし、その先はどうなるのだろうか?

高い放射能が充満している福島原発では、放射能を浴びながら作業しなければならない。

原発解体も命がけらしいし。

ロシアのチェルノブイリで作業した作業員は、今どうなっているのか、わからないけれども、作業をしている兵士の映像と、体験を語る元作業員たちが、画面に出ていた。

また、大躍進や、文革の時代の中国のドキュメンタリーも、生のフィルムがすごかった。

大勢が、地面に掘った穴で鉄を溶かしている。

無駄で原始的な作業だ。

不純物が多くて、使い物にならなかったそうだ。
当然だろう。


しかし、その一方で、中国は、原子爆弾製造を始めていた。

もちろん、専門家は、着実に作業をしていたに違いない。
映像にはなく、ずっと秘密にされてきたのだろう。

文革も、劉少奇を追い落とすために、毛沢東が始めたものだそうだ。

そのために、多くの人命が失われた。

大躍進も、原爆製造を隠すために、多くの人が餓死した。

その人たちの墓が、映像に出ていた。


中国のドキュメンタリーはフランスが作ったもので、チェルノブイリは、ドイツか、イギリスのドキュメンタリーだったと思う。

昔のビデオは、かなり捨ててしまったけれども、一部残ったドキュメンタリーだけでも、すごい。

日本のテレビは、馬鹿番組ばかり放送しているけれども。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NHKスペシャル中国文明の謎って、中国の宣伝番組

NHKスペシャルは、時々見ている。

今回、「中国文明の謎」の1から3を見たけれども。

数千年もの間、中華帝国を維持し続けてきたとか、自慢しすぎですね。

中国の歴史は、栄枯盛衰にほかならず、昔栄えて、天下を取った国とか、支配されて、屈服した国など、ほとんどの国が、滅亡している。

漢字に似た文字を持っていた国もいくつかあって、たとえば、西夏文字なども残っているが、解読できていない。

滅亡してしまった国や文明は、数え切れない。

契丹なども、一時は、天下を取る勢いだったけれども、今は、跡形もないらしい。

すさまじい皆殺しの歴史だ。

それを、ずっと中華という国を維持してきたというのは、ほらもいいところだろう。

この番組制作に加担した歴史学者は、どう考えているのだろうか?

適当に利用されたと起こっているかもしれない。


それよりも、まず第一のうそは、世界最古の文明という主張だ。

四大文明が世界最古の文明だというのは、現在、否定されている。

それよりも古い文明が、世界中で発掘されている。


中国は世界最古ではなく、後発文明であり、しかも、秦の始皇帝の時代に、戦っていた民族は、今の中国人とは、別の人種らしい。
おそらく、ヨーロッパ系だったと思う。

それから考えても、第3集で秦の始皇帝を中国人の祖先として、中華文明の源流として扱うのは、的外れだ。

毛沢東は、確かに多くの人民を殺しても、現在の中国が世界で覇権を握るための基礎を築いたのは、確かだろう。

たとえば、毛沢東は、大躍進の時代に、多くの人民が無駄なことに労力を費やし、飢え死にしようとも、核兵器を開発したのだそうだ。

そういう意味で、中国という国は、すごい国だ。


広い中国という国を統一しておくためには、多くの人民が死んでもかまわない。

昔から、そういう国だったことは確かだろう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ヒストリーチャンネルの「独裁者シリーズ」

今、ヒストリーチャンネルで独裁者というシリーズをやっている。
ミロシェビッチとか、スターリンとか、ポルポトかもあるけれども、毛沢東と江青、金正日もあった。

昨日、早回してはあったけれども、毛沢東と金正日を見た。

時々、機密情報開示と言うナレーションと共に、英文が画面に表示され、その意味もナレーションでさっと流れる。

今まで、秘密にされていたけれども、今回開示されたという意味だと思う。

例えば、毛沢東の晩年、毛沢東の寿命を延ばすために、農民に人体実験を行っていたそうだ。

衝撃的な画像があるのでご用心、みたいな表示が出て始まるので、怖い物見たさに、つい見てしまった。

すごいシーンは、ちょっとだけ表示した、という感じで、ものの2、3秒だけ画面に表示されていたようだった。

しかも、古い写真で、映像を止めてよく見ないと、よくわからなかったりする。

文化大革命では、大勢の若者、子供までが、何かを叫びながら、行進していた。

毛沢東が政権を奪取するために、文化革命をはじめた。
文化大革命が始まると、最初の数日で、数十万人が殺された、と、ナレーションで語っていた。

全部でどのくらい殺されたか分からないそうだ。

香港だったと思うけれども、多くの死体が流れてきたそうだ。

つるし上げされた人達の映像もあった。

死体の山らしき映像もあった。

先生や、親兄弟を告発させたそうだ。

その後、紅衛兵同士の戦いも始まったとか。

以前、BSの「文化大革命の生き残りによる証言」という番組で、キャプチャーしたけれども、精華大学と北京大学では、大学の中で殺し合いをしていたと、語っていた。
重慶では、町ぐるみで戦争をしていたとか。

そのときは、語っている人の映像と、ごくわずかの写真だったけれども、今回は、大勢の紅衛兵が天安門広場狭しと、行進している映像などがあって、すごかった。


解説があったけれども、早回ししてみていたので、ほとんど聞いていない。

金正日は、甘やかされて育ったそうだ。

冷戦終結と共に、ソ連から援助物資が入らなくなり、大勢が餓死する中で、金正日だけは、贅沢な生活を続け、さらに、核兵器を開発しはじめたそうだ。

その実態は、ドイツの医者が入って、撮影するまでは、外部に知られなかったそうだ。

病院も不衛生で、薬も食糧も何もなく、子供達は、栄養不良で死にかけていた。

金正日は、外国に出かけるのをいやがり、欧米の映画を何万本も集めて楽しみ、韓国の映画監督と女優を拉致して、自分好みの映画を作らせたそうだ。
その金正日制作の映画や、拉致された監督が、映像に映っていた。

そういえば、金正日は飛行機に乗ったことがあるのだろうか。

おぞましいとしか、言いようがない。

これらを、賛美する日本の左翼は、頭がおかしい。
ほんっと!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネットで見つけたとんでもない話(恐怖!!)

先日、中国大使館への都心一等地売却問題が浮上し、反対運動にもかかわらず、
間抜け顔の松本外務大臣は、平気な顔で答弁してました。

結局、売却されたらしいのですが、その後とんでもない事態になりつつあります

というのは、どこのブログで見たか覚えていないのですが、中国大使館周辺の住
宅にこんなびらがまかれた、と、すぎやまこういち氏が、ニコニコ動画で語って
いました。

すぐに気づいた私ですが、どうして他のブログに何も書かれてないんだろうと、
思っていたら、次の日から、続々と記事が出現しました。
しかし、そのことについて書かれているブログ記事は、なぜかFC2ブログの場合
、表示されずに、「ダウンロードします」という画面になりました。

今も、新記事を見ようとするとき、そう表示されることがあります。

FC2は、なんか、おかしいかもしれません。

中国大使館周辺で配られたビラの内容:

警告

日本人は、直ぐに立ち退きください

この麻布はすでに日本国政府の誘致により
中国同胞の所有物となりました

これは良心からの警告です

我々の親切に感謝しなさい

小日本の法律が活用の内に日本人は
早期に立ち去ることを警告しています

中国は土地所有を承めません

ビラの内容終わり

これは、
http://www.nicovideo.jp/watch/1308902489
の23分31秒あたりに、でてきます。

いくつかのブログに記事があったと思うのですが、今すぐにでてくるのは、この
記事だけ。

http://000hime.blog74.fc2.com/page-1.html

いかにも中国人が書きそうな間違った日本語で、とんでもないことを書いてます
ね。

小日本の法律が通用する間に、立ち去れと。

良心からの警告だと。

警告してあげるという我々の親切に感謝しなさい、と。

まじですね。

本気ですね。

大紀元で毎度おなじみの強制執行が、日本でも行われると。

警告くしてくださっている訳です。

南麻布在住のすぎやまこういち氏宅付近の家の郵便ポストにはいっていたそうで
すが、よっぽどあのあたりが気に入ってるのでしょうか。

これを見て、左翼や過激派はどう思うのでしょうか?

ありがとうございますと言って、素直に立ち去るのでしょうか?

ソフトバンクが、日本人差別をしてるの知ってました?

チョン割まとめ
              日本人   韓国人
基本使用料      9600円   4500円
Sベーシック       315円     0円
パケットし放題     4410円     0円
26250円分通話料  26250円     0円
   合計       40325円   4500円

(韓国宛電話代   130円/分   5円/分)
―――――――

こんなに料金に差があるんです。

http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-date-20110630.htmlから引用
しました。

これって、逆差別だとして,訴えるべきじゃないですか?
ソフトバンクユーザは。

つながりにくいそうですが、それでも使ってるんですか?
ソフトバンクのスマートホンは、何も使っていないのに,自動的につながっていて
、数千円の料金を取られていたとか。

ふざけるなって、思いませんか?

それでも、ソフトバンク使いますか?

ソフトバンクに大事な田畑や土地を提供して、太陽光エネルギー発電なんてやら
せますか?

また、
http://haigai.exblog.jp/13936763/
のブログ記事によれば、

被災地の高校生と中国人留学生との間に、とんでもない格差がある。

以前、都心部の一流大学に留学している中国人女子学生から驚くような話を聞い
た。

在学中には奨学金、卒業後は学術振興会の外国人特別研究員として、すごい金額
を毎月もらっているそうだ。

http://www.jsps.go.jp/j-fellow/j-fellow_14/h24/03_pd_yoko_h24.html

月額36万円の滞在費。

すごい金額である。
同じような制度が日本人向けにもあるけれども。

日本人は40名
http://www.jsps.go.jp/j-pd/pd_saiyo.html

外国人は198名
http://www.jsps.go.jp/j-ab/ab_shinsei.html

も一つすごい情報、おまけ。

韓国の冬季オリンピック誘致が成功したけれども、その開催場所にあるスキー場
の所有者は、なんと統一協会だった。

統一協会が50%を持っている。

ということは。。。

統一協会が丸儲け???

http://toriton.blog2.fc2.com/

本当に、恐ろしい事態が待っている。

どうしよう!?

韓国の政治家と、統一教会は、つながっているのだろうか?

さらに、韓国政府と統一教会は??

合同結婚式なんて、日本人の女性が、貧しい韓国の青年と結婚させられているとか。

韓国の貧しさは、日本よりもすごい。

(追加)

「ドキュメンタリー劇場」などのKBSのドキュメンタリー番組がいろいろあるけれども、その貧しさは、すごい。

韓国の食文化を紹介する番組では、イワシをとって生活してきた港町の話をしていた。

網にはさまったイワシを払い落す方法でイワシをとっている。

町の人は、はねとんだイワシを拾って、生活してきたそうだ。

いわしの塩漬けで作る調味料は、世界中にあるが、そのいわしの調味料を作って利用していたが、その港町は、いわしのおかげで飢え死にせずにすんだとか。

また、家の狭いこと。

韓国ドラマに出てくる豪邸など、どこの国という感じ。

廊下のような場所で鍋一つを火にかけて、食事を作っていた。

(メールで投稿したらhealthy-beautyのブログ記事に入ってしまったので、投稿しなおしました)

運営サイト     韓国歴史ドラマについて 個別の韓国歴史ドラマブログ一覧 語学関係サイト一覧

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今回の日中首脳会談が意味するもの

尖閣諸島領海侵犯事件というよりも、尖閣諸島当て逃げ事件のほうが正しいと思うけれども、その後、さんざん日本を非難していた中国と、ASEMの会議終了後、廊下のいすで、偶然日中首脳会談ができて、管首相は、一応面目を保ったとの新聞記事があった。

しかも、日本側は、中国語への通訳がいない状況だったそうだ。

中国側が、言いたいことを、日本に通告した、それだけだったりして。

それをありがたがる日本って何なんだろう。

中国がしかけた事件、その後の対応に対し、一切の抗議をすることなく、唯々諾々と中国の意のままに動く管首相。

船長を釈放したのは、政府が地検に圧力をかけていたに違いない。
それも知らん振りして、地検の判断だとスルーした管首相と仙谷官房長官。

民主党首脳部は、売国奴だ。

尖閣諸島事件の当初、NHKのニュースで中国事情に詳しいと言う早稲田の教授か何かが、中国の面子をつぶさないように、などとしゃべっていた。

日本の面子を丸つぶれにした中国の面子をなぜつぶさないようにしなければならないのか。

財界も、事を荒立てないように要望したとされる。

今回、中国は、レアアース禁輸などを実行し、いまだに解除されていないらしい。

これは、レアアースの戦略的な価値を最大限に利用するためだろう。

いよいよとなったら、値上がりするかもしれないと思っているのだろう。

中国はさまざまな日本資産を、買いあさっているらしい。

日本製品から、国債、不動産まで。

中国では不動産は私有できないらしいが、日本の不動産を中国人は購入できる。

中国人というけれども、中国富裕層だけでなく、国家ファンドも日本資産を買っているだろう。

このままでは、戦争をしなくても、日本は、中国のものになってしまうかもしれない。

売国奴というけれども、日本を中国に売っているのが、日本の政界、財界。

昔、マートン・ミラーというノーベル経済学賞受賞の経済学者は、日本製品を大量に輸入するアメリカ経済について、こんなことを言いました。

「それは、本当はひどい策略なのさ。日本人がお金をつぎ込んで作った、すばらしい自動車、カメラ、機械をだまして持ってこさせているんだ。それで、そのかわりにあげているものは何だと思う? ジョージ・ワシントンの絵さ」

日米の貿易不均衡についての講演詳細については、日本の貿易黒字とその将来展望 に書いてある。

今回、中国がしていることは、そのジョージ・ワシントンの絵を毛沢東の絵に置き換えただけ。

中国は、多額の国債を発行し、リーマンショックを乗り切り、紙幣も増刷した。

中国は、毛沢東の絵でだまして、日本資産を買いまくっている。

米国と同じように中国も、軍事力をバックに、自国の通貨を基軸通貨として、周辺国に流通させるようとしている。

日本でも、毛沢東の絵が国内で流通するようになるのかもしれない。

今回、Europe2020の金融危機分析(Systemic crisis/analysis)に、

こんな内容があった。

The Global systemic crisis – Spring 2011: Welcome to the United States of Austerity / Towards a very serious breakdown of the world economic and financial system引用

The response of the world’s major central banks will be unveiled in the next two quarters. Already the ECB has made it clear it thought that a new policy of stimulation through an increase in US deficits would be suicidal for the United States. Already China, whilst saying it would do nothing to rush things, spends its time selling US assets to buy Japanese ones (reflected in the historic level of the Yen / Dollar rate of exchange). As regards Japan, it is now forced to align itself simultaneously with Washington and Beijing ... which will probably cancel out all its financial and monetary policies. In future quarters the Fed, like the federal government, will find that when the United States is no longer synonymous with juicy profits and / or shared power, its ability to convince its partners declines quickly and heavily, especially when the latter question the relevance of the chosen policies [25].

ざっと日本語に要約すると、

世界の主な中央銀行の対応は、10月以降の半年間に明らかになるだろう。
アメリカが赤字国債増発による景気刺激策をとるとすれば、それはアメリカ経済の自殺行為であると、ECBは判断した。
しかし、中国は、あせって何かをする気はないと口では言いながら、実際には、アメリカ資産を売却して日本資産を購入している(その結果、円ドルレートの記録的上昇が起きている)。
いまや、日本は、アメリカと中国の両方と同時に手を結ばなければならず、その結果、すべての財政政策、金融政策を中止するすることになろう。

アメリカがおいしい儲けや支配力を独占していた時代が終わり、同盟国を納得させる能力を急激に失いいつつあることを、FEDは連邦政府とともに知るだろう。
とりわけ、この同盟国を説得する能力が失われることによって、アメリカは、選択した政策の妥当性を、再検討せざるを得なくなるだろう。


将来の日本の姿が、見えてきませんか?

恐ろしいです。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日高レポートのキャプチャー(その1)

日高レポートで、中国海軍の話をしていた。

恐ろしい話。

アメリカ軍は、マラッカ海峡の警戒活動をやめるそうだ。

中国海軍は、日本だけでなく、アメリカ海軍にもいやがらせをしていたらしい。

追尾したり、照準を合わせたり。。

アメリカが自由に行動できなるなりつつあるらしい。

以前は、黒い輪の中に中国が、封じ込められていた。

A1

今は、このくらいまで拡大してしまった。

A3

アメリカ海軍が、中国海軍と緊張状態になった場所の一つ。

A2

A5

A6

A7

A8

韓国の海軍は、かなり頑張ってるらしい。

A9

外国在住の韓国人にも兵役を貸すのはそういうわけだったのかもしれない。。

対馬はもちろん、日本のもののだけれども、予算削減で、防衛の議論もできない自衛隊よりも、韓国に竹島を防衛してもらうほうがいいかも。
あ、でも、漁業権も奪われていて、戦後、拿捕されたりしたんだったっけ。

A10

A11

A12

A13

A14

A15

A16

A18

沈没の原因について聞いたところ、わからない、専門家が大勢いるという返事。

A19

A21

A23

A35

A36

中国は空母を中心に、攻撃型原子力潜水艦、攻撃型フリゲート艦などを建造しているそうだ。

大艦隊だ。

A37

A39

A39_2

A42

A48

A49

ミサイルも搭載する潜水艦の性能が向上したという中国海軍。

こわいですね、こわいですね、がくがくぶるぶる。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国の海洋戦略を考えれば、沖縄は風前の灯

沖縄の海兵隊は、朝鮮半島、台湾の有事の際には、まず最初に乗り込む部隊。

一刻も早い対応が必要なとき、議会承認を得られなくても、大統領の命令ひとつで、どこへでもいかなくてはならない。

そういうときには、一分一秒を争うとき、飛行機で、真っ先に駆けつける部隊。

沖縄は、そのロケーションが抜群であり、地政学上、軍事上、最重要地点。

ここに部隊があれば、何かあったとき、真っ先に駆けつけることができる。

そういう場所は、もちろん、中国だってほしいに決まっている。

もし、在日米軍が沖縄から引き上げてしまったら、沖縄はどうなるかわからない。

一気に沖縄本島に上陸するなんてことは、たぶんしない。

フィリピンにあった米軍基地が、火山噴火で使えなくなったため、撤退してしまった。
すると、南シナ海の南沙諸島に、中国が勝手に、軍事基地を作ってしまった。

フィリピン軍の力ではどうすることもできない。

米軍に助けてくれといっても、追い出したのはそちらだと、言われるそうだ。

米軍基地のあった場所に経済特区を作ったところ、中国が大きな建物を勝手に建ててしまったらしい。

神奈川県にも米軍基地がある。
厚木飛行場があるから、飛行機の音がうるさい地域があるらしい。
しかし、その地域は、藤沢市が、エアコンを無料で取り付けてくれるらしい。

夜は、飛ばないからいいんじゃないかと思う。

電話で話しているときに、飛行機の音がして、びっくりしたけれども。

確かに飛行機の離着陸の音はうるさいけれども、それによって、土地の値段が安くなっていて、買えているかもしれない。
もし、そういうマイナス点がなくなったら、土地が値上がりして、買えなくなるかも。

沖縄には、小さな島があって、そのようなところでは、とても不安らしい。
与那国島などにも、自衛隊に来てほしいといっているとか。

そういうところでは、米軍にいてほしいと思ってると思う。

朝鮮戦争と中国のかかわりに関する本を読んだ。分厚い本なので、まだ読み終わっていないけれども、中国は、軍を送ったそうだ。

金日成は、ソ連が反対したけれども、毛沢東が賛成したため、朝鮮戦争を始めた。

ベトナムもそうだ。
蒋介石軍の残党が、ベトナム方面にいるため、最初から毛沢東はベトナム方面で戦争することを考えていたらしい。

先日、BSで、文化大革命時代の証言を放送していた。

ヒストリーチャンネルの毛沢東シリーズとはまた別のショッキングな話があった。

ヒストリーチャンネルは、映像があるけれども、この証言集は映像がない。
証言だけだけれども、すごい内容。

北京大学とか、大学の内部で、壁新聞を張って、紅衛兵が吊るし上げを始めた。

ショッキングだったのは、死体を運び込んで、死体と一緒に篭城したという話。

死体が腐敗してすごいにおいだったそうだ。

証言をしてくれない人たちもいたそうだ。

何千万人という死者がでたそうだ。
黄文雄氏によると、つるしあげて、殺した後、その死体を、その場で切り取って食べたのだとか。

とにかく、中国は沖縄が中国のものだと言っているそうだし。

まず最初に沖縄が中国の標的になることは間違いないだろう。
それを承知で反対運動をしているのだろうか。

中国の海洋戦略を知っているのだろうか。


ベトナムとの間には、西沙諸島について領有権の紛争が起きているし、フィリピンとは、南沙諸島の領有権問題だ。

もちろん、南シナ海では、マレーシアや、台湾などとも領有権を争っている海域があるらしい。

知らないならば、政治家としては無知を非難されるべきだろう。

知っていて、反対運動をやっているならば、売国奴だ。

中国のゴールドカード所有者(年収35万円以上)に日本への個人ビザを発給することになるそうだ。

この金額の年収で日本へきて、どれほど買い物できると思ってるのだろうか。

もうじき中国バブル崩壊と言う話もある。

20年位前だったと思うけれども、中国の国有企業が不良債権を抱えたとき、中国の不良債権は、回収できていないらしい。

今回も、また踏み倒しされるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

my動画 | おすすめサイト | ばかばかしいテレビ番組 | イベント | ウェブログ・ココログ関連 | エデンの東 | エネルギー問題 | ガーデニング | ギャンブル | クラシック音楽 | グルメ | スポーツ | チャン・ヒビン | テ・ジョヨン | ニュース | パチンコ屋 | ヒストリーチャンネル | ファッション・アクセサリ | マイプリンセス | 三田渡碑文 | 丙子胡乱 | 中国の映画 | 中国ウォッチング | 中国武侠ドラマ | 住まい・インテリア | 北朝鮮問題 | 医療・健康番組 | 千秋太后 | 南京大虐殺の虚妄 | 原発事故 | 古代史 | 在日中国人問題 | 外国映画 | 大災害 | 女人天下 | 学問・資格 | 家事一般 | 小沢事件 | 小説・シナリオ | 帝国の朝 | 心と体 | 政治の話 | 新型インフルエンザの話 | 旅行・地域 | 日本のドキュメンタリー番組 | 日本のドラマ | 日本の名画 | 日本の教育は最悪だ | 日本の皇室 | 日本の領土問題 | 日記・コラム・つぶやき | 日高レポート | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 最先端の医学 | 最悪【人権救済法案】断固阻止 | 有名人 | 朝鮮半島ニュース | 朝鮮戦争 | 朴大統領って何? | 東京の名所 | 東北関東大震災 | 民主党なんか大嫌いだ | 池田大作関連本 | 王と妃 | 王と私 | 環境問題 | 目撃情報 | 経済・政治・国際 | 考古学 | 芸能・アイドル | 薬害 | 近代史 | 選挙 | 金笠の詩 | 韓国のドキュメンタリー | 韓国の放浪詩人「金笠」 | 韓国の歴史ドキュメンタリー | 韓国ドラマ | 韓国ドラマ「太陽の花嫁」 | 韓国ドラマ「第5共和国」 | 韓国バラエティ | 韓国映画 | 韓国歴史ドラマ「テジョヨン」 | 韓国歴史ドラマ「戦友」 | 音楽 | 風景