カテゴリー「目撃情報」の7件の記事

地下鉄の国会議事堂前で、怪しい人物発見

千代田線の地下鉄の国会議事堂前駅を降りると、首相官邸前に出る場所がある。
そこで、マイクを持って,一人で、しゃべっていた男が居た。

どのような関係者か、どういう人物かわからないが、私の顔を見ると、にやにやして、笑いかけた。

気持ち悪い男だ。

中年から,老年にかかる年齢だろうか。

脂ぎった、卑しげな笑いは非常に気色悪い。

「米軍基地を三分割して、47都道府県に割り振って、3年ごとに移動させればいいんですよ。47都道府県だから、15年に一回です。そのうちに,米軍も諦めて出て行くでしょう」

こういうセリフが聞こえた。

そういう関係者か?

あきれてものが言えない。

沖縄は、左派勢力が押しよせて、活動しているそうだが。

中国の回し者か?

自分さえ、よければいい、そういう顔つきの人間だった。

中国の手先となって,米軍基地反対運動をする理由は何か?

高邁な思想性は全く感じられない人物だった。

私は、やたら気が強いところがあるので、
「あんた何者よ! 馬鹿なこと言って、いい加減にしろ!!」くらい、いってやろうかと思ったが、余りにも気持ち悪い人物だったので、やめた。

1メートル以内に近寄ると、腐食性の空気で、窒息しそうな気がする。

さっさと通り過ぎた。

本当にいやらしい人物だった。
大きな勘違いをしているのか、売国奴か、頭がおかしいのか、よくわからない。

写真でも撮って、アップしよううかと思ったけれどども。

周りに、警察官がたくさんいたし。。。

ああいうところで、あのようなことをアジるのは、どういう意図があるのだろうか?

ちょっと毛深そうな、沖縄出身かもしれない顔つきだった。

誰かにそそのかされて、過激な行動をしているのかもしれない。

被害者意識をたっぷり刺激されて、顔出しで、マイクを持つのは、本物の過激派ではない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

路上野ジョニーの路上ライブがすてきでした

駅で、路上ライブをやっていた。
ときどき、やっている人がいるが、今回は、上手だった。
シンガーソングライターらしい。

メロディの中に、とても快感を呼ぶメロディがある。
これは、ヒットすると思った。

路上野ジョニーさんと、田中綾菜さん。

一緒にライブをすることになったそうだ。

CDも作っているらしい。
インディーズか?

路上野ジョニーの声は、「ゆず」か、安全地帯のボーカルで、何度も結婚してる人、(名前が思い出せない)に、似たところがある。
歌い方も、プロ顔負けだと思う。

終わった後、真夜中なのに、20人以上が拍手した。




アメブロのブログを書いているそうだ。

路上野ジョニーのブログ

私のブログ一覧 運営サイト  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

低炭素社会戦略センターの人の講演を聴いた感想

スライドをアップするのは、今回開催した団体が承認しなければだめなのだそうで。。

写真に撮りましたが、なんとなく面倒なんで、アップしないかも。

今回、「電力危機」という本を書いた人の話を聞きました。

二酸化炭素などの温暖化ガスにより、地球温暖化が進んでいると。
寒冷化につながるガス、例えばエアロゾルなどもあるそうですが。。

地球温暖化の原因は、二酸化炭素だけではないという説があり、つまり、太陽活動が原因だという学者も居ます。

ただひたすら二酸化炭素削減を主張するのは、ちょっと遅れているかも。

そして、講演の中から、いろいろ、おもしろい話がありました。

韓国は、電力不足の国なのだそうです。

孫社長によれば、日本は韓国から電力を輸入すべきだそうですが。。。

電力不足なのに、輸出できるんですかね。

まさか、日本の金で、発電所を作れと言うんじゃないでしょうね。

さっき見たブログ記事(http://blog.goo.ne.jp/toki_1/e/4c64071559556445652bdb91c8b468f4)
では、日本・韓国・ロシアを電力ケーブルで結び、電力を輸入せよ、なんだそうですが。

ロシアの極東地域は、これまた、電力が行き渡っているとは思えません。

日本が輸出することになるんじゃないですか。

中国も、水不足のために水力発電所が使えなくて、大規模停電が続発しているそうですし。

それから、太陽光発電は蓄電技術と組み合わせなければ,実用化できないそうですが、その蓄電技術が非常に高価なので、太陽光発電は、非常に高価になるそうです。

比較表では、確か10倍くらいだったと思いますが。

また、講演者は、GTCC発電といわれるエネルギー効率51%の新型火力発電のことを、知りませんでした。

スライドは,よそからもらってきたものもあるそうで、その中に入っていると思います,という程度でした。

シェールガスの埋蔵量は、100年以上あるけれども、講演でとりあげた天然ガスの埋蔵量は微々たるものだったので、知らないんじゃないでしょうか?

GTCC発電は、二酸化炭素排出量が少ないので、もっとプッシュすべきだと思いますが。。。

広瀬隆もおすすめだとか。

運営サイト    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨夜電車の中でのぞき見たペーパーと過激派

昨日、東海道線の中で、学生風の男性が、文章が書かれた数枚の紙を読んでいた

私は,目がいいので、電車の中で、他人が読んでいる新聞をのぞき見することがあ
る。

今回は、若干背の高い男性で、男性の斜め後ろに立っていた私から見ると、すべ
ては読めなかったが、かなりよく見えた。
左側からのぞいていたので、右端の部分は読みづらかった。

記憶力も落ちているので、おぼろげであるが、何が書いてあったかを、思い出し
てみようと思う。

「今回の高岡 蒼甫の騒動から始まったフジテレビの韓流ごり押し反対デモにより
、今までのように、ぼろもうけすることは出来なくなった。日本と韓国を友和さ
せて、韓国へ好意的な国にすることは、もはや無理かもしれない。
今回の反韓流デモは、脱原発から目をそらすための陰謀である。

しかし、テレビの韓流スタートして稼ぎまくっている中に含まれている姜尚中な
どは、今回のことについて何も言わないのはおかしい。かれは、自分だけ韓流ブ
ームでもうけているけしからん奴だ。

強制連行などで苦しい生活を強いられてきた在日のお年寄り達に報いるために、
もっと頑張らなければならない」

こんなことが書いてあった。

3枚以上あるペーパーだった。

図々しく、声をかけて見せてもらいたいくらい、見たかったけれども、全部を読
むことはできなかった。

どういう人、団体が書いているのだろうか?

おそらく、反日を煽っている過激派組織の司令部なのだろう。

論調は、闘争的で、革新的だった。

今回、管直人首相は、バカだ、下品だ、などと、さんざん悪口を言われながら、
日本国民のためではなく、朝鮮半島の仲間のために、やるべきことをやって、退
陣した。

最後の最後に、朝鮮学校無償化の検討を開始しろと、指示したそうだ。

これは、北朝鮮の金正日礼賛、工作員養成にも関連していると言われる朝鮮学校
を支援するという反国家的犯罪であるだけでなく、高校無償化を再検討するとし
た三党合意にも反する裏切り行為だ。

どうどうと首相の権限で、このような指示を出すとは,驚きだ。

これを野田新首相がどうするか、で、新内閣のホンネが見えるというものだ。

管首相は、国会答弁ははぐらかし、知らんぷりし、アサッテのほうを見ながら、
ひたすら朝鮮半島のために,働いたのだろうか?

管首相の政治団体には、北朝鮮関係の市民の党という組織が深く関わっていた。
拉致や赤軍派とも関連している過激組織とされている。
その政治団体に、日本の税金が原資となっている政党助成金の億単位のお金を贈
与してきた。

済州島出身といわれているが、長い間秘密にされてきた済州島4.3事件(共産
党員大量虐殺事件)で殺されそうになり、命からがら日本に逃れてきたのが
現在日本にいる在日韓国人のルーツなのだそうだが、結局、出身は韓国でありな
がら、心情的に共産党員であり、北朝鮮を支援するスパイであるということだろ
う。

そのような危険な過激派が、日本では、金力、権力を持ってしまっている。

ヤクザマネーという特集がずっと前にあった。

ヤクザマネーは、すごい金額になっていて、独自のトレーディングルームまで持
っていて、専門のトレーダーを雇って、ディーリングさせているという番組だっ
た。

日本の大手ヤクザのトップは,現在すべて韓国人。

昔は、関東のヤクザは、伝統的なヤクザ組織で日本人だったが、関西のヤクザ,武
闘派の山口組が東京にも進出してきたことから、縄張り争いがあったりした。

しかし、現在は、稲川会もトップは韓国人だし、すべて韓国人であれば、話が早
いのかもしれない。

今回、野田氏のバックにいる暴力団は誰だ? と二階堂ドットコムに書いてあっ
た。
小沢一郎のバックには、山口組トップの司組長直属の司誠会がついている。

政治家と暴力団のつながりがあるなて、とんでもない、と、昔は言われていたが
、今は当たり前?

過激派とか、暴力団とか、闇の世界でよくわからない人達によって、表の世界が
動かされているとしたら、恐ろしいことだ。

また、北朝鮮のスパイといわれている政治家が、民主党の中に大勢いるというの
も、恐ろしいことだ。

運営サイト    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平日の新橋のパチンコ屋

パチンコ屋追及レポート第2弾!!

新橋のパチンコ屋は、外から見ると客が入っているように見えた。

突撃潜入取材しました。

パチンコ屋に入るのは、初めてなので、若干どきどきしましたが、客と思われたらしく、大丈夫でした。

中は、サラリーマンらしき人や、得体の知れない雰囲気の男性、パチンコ依存症みたいな年取った女性などなど。

なぜパチンコ依存症らしき年取った女性と思ったかというと、ほとんど女性がいない中で、化粧っけがなく、白髪交じりのぱさぱさ髪を、ゴムで結び、目つきが血走るというか、真剣そのものの目つきで、もういやだ、というような絶望的な表情でありながら、食い入るように見つめていたからだ。

洋服も、お金がなさそうな、安物の服だった。

一瞬、水商売かとも思ったけれども、それにしては、外見がみすぼらしい。
あのようにはなりたくない、と思った。

得体の知れない雰囲気の男性というのは、サラリーマンの服装ではなかった。
ちょっと危険を感じた。凄みのある表情だった。
私がカメラを取り出して、写真を取っていたら、怒ったような顔つきで、こちらを見た。
私は、怖いもの知らずなので、平気だったけれども、気の弱い人には無理かもしれない。

新橋には、大小あわせるとかなり多くのパチンコ屋がある。

そのごく一部だけれども、入って写真をとった。

どれがどれかは、ご想像にお任せする。

人がいっぱい入ってると思っても、端っこの見えない場所にある列は、誰もいなかったりする店が、ほとんどすべてだった。

最初の店は、小さいパチンコ屋だった。

Img_0134

Img_0135

Img_0136

Img_0137

Img_0138

Img_0139

Img_0140

Img_0141

Img_0142

Img_0144

Img_0145

Img_0146

Img_0147

Img_0148

Img_0149

Img_0150

Img_0151

Img_0152

Img_0153

Img_0154

Img_0155

Img_0156

これが確か二階。
三階は、スロットマシーンだった。

Img_0157

一番隅の列。
一人もいない。
Img_0158

Img_0159

Img_0160

Img_0161

新橋の夜7時ごろです。
かなり、カモられてますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

虎ノ門の交差点で見た街頭宣伝車

街頭宣伝車が3台マイクでがなりたてていた。

マイクの音はかなり大きくて、昼休み、歩いている人はおしゃべりができないくらいだった。

文部省前あたりでは、
「天皇を呼び捨てにする教科書を採用した文部省は国賊だ・・・・・・」みたいなことを言っていた。

本当に天皇陛下を敬っているのなら、天皇陛下と言えよ!!

外務省前あたりでは、
「北方領土を返さないロシア、韓国と国交断絶せよ」みたいなせりふ。

国交断絶なんでできるわけないでしょう。。。

こういう右翼がいると、ちゃんとした保守派である私としては、恥ずかしいです。

右翼は、実は、在日韓国人や、やくざだという話をどこかで読みました。

保守派のイメージを悪くするために、やっているとか。

しかし、「依存症の独り言」を読んだら、デモ隊の話が出ていました。

この街頭宣伝車の前後、少なくとも、後ろには、警察の車がいて、守っていました。

守られている街頭宣伝車、とか、デモ隊って、やらせっぽいですね。

今の時期、小沢側のやらせ、というか、仕掛けで、管内閣を攻撃しているのでしょうか?

送信者 街頭宣伝車

送信者 街頭宣伝車

送信者 街頭宣伝車

「政治結社 司」で調べてみたら、やっぱり司忍さんがでてきました。

山口組トップの司氏です。

http://wikiyakuza.wiki.fc2.com/wiki/%E5%9C%9F%E4%BA%95%E5%B9%B8%E6%94%BF
引用します。


土井幸政(どい こうせい、昭和24年2月生まれ)は愛媛県出身の日本のヤクザで右翼活動家。指定暴力団・六代目山口組の二次団体、二代目弘道会会長直属の政治結社・司政会議総裁。旧司誠会会長。

略歴
 土井幸政は十代で司忍と縁をもって若衆となり渡世入り。司忍が興した司興業の初代若頭として司忍を支え組織運営に尽力した。また、武闘派として活躍し、昭和44年に起きた世に名高い東陽町事件で報復部隊の実行犯として、対立組織であった大日本平和会春日井支部長、豊山一家豊山王植組長を刺殺して、長期服役を経験した。出所後に司誠会を結成して司忍が興して会長となっていた初代弘道会の直若となって活躍し若頭補佐となって勢いそのままの弘道会の躍進に寄与した。
 平成4年11月に司誠会を解散して、司忍会長直属の政治結社・司政会議を結成、総裁に就任した。言うまでもなく、政治結社として右翼活動をしている土井幸政であるが、実質的は極道であるし、警察当局も弘道会の直参組織として顕著している。平成17年3月に二代目弘道会が発足すると、高山清司会長の舎弟(一説には五分兄弟盃を交わす)に直り、高山会長直属の右翼団体となった。土井幸政は二代目弘道会高山清司会長に臆することなく意見を述べると言われ、絶縁、破門処分を頻繁に言い渡す高山清司会長のお目付け役として、大組織二代目弘道会の行く末を見守りながら、今後の活躍が期待されている。

この項目は書きかけ項目です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。
※誹謗中傷や悪戯、あらし行為、売名行為、他サイトの宣伝などは厳禁とし、それらを行った者に関しては厳重な処罰の対象とし、悪質編集者リストへ一定期間掲載させて頂きます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

多重人格の女性

先日、すごい光景というか、すごい声というか、電車の中で、もろに多重人格になっている女性を見てしまった。

話し声が聞こえてくる。
かなり大きな声になることもある。
怒鳴ったりしている。
か細い女性の声のときも、低い男の怒鳴り声のようなときもある。

声のするほうを見ると、話しているのは一人の女性だけだった。

一人で、ずっとしゃべり続けていた。

か細い女性の声「それは、姦通、姦通なのよ、キリストは・・・・・・」
おばあさんがなだめるような声「そうは言っても・・・・・・」
悪そうな男の声「・・・・・・しろ(怒鳴り声)」
声色が違っていて、一人芝居のようにしゃべっていた。

これが多重人格か?!

そのせりふから、状況がよくわかる。
男に、無理やり迫られている。
キリスト教を信じているらしい。
お母さんかおばあさんが慰めてくれる。
しかし、男は、何が何でも思い通りにしようとする。

周りの男性は、しょうがないなあ、というように、しかし、なぜか、恥ずかしそうに、笑っている。

まじめそうな紳士風の男性はぎょっとしている。

かなり前のことで、若干記憶が薄れているが、悲鳴のような声でしゃべり続ける女性の声。
すごんだり、怒鳴ったりする男の声。
ゆっくりとしゃべるおばあさんの声。
この三人の声で、順番にしゃべる。

じっと見ないようにしていたけれども、しゃべり続ける声は聞こえていた。

かわいそう。。。

耐えられない事情から、特に性的な関係を肉親なとに強要されることで、多重人格になるらしい。



ブログランキング参加してます。
応援ぽちよろしくお願いいたします。
テレビブログランキング
人気ブログランキングへ
このブログのトップページへ戻る→今日的見聞録


運営サイト一覧
韓国歴史ドラマについて 個別の韓国歴史ドラマブログ一覧 語学関係サイト一覧 旅行サイト The-Japanese-Hotelsホテルサーチならお任せ 美容健康系サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

my動画 | おすすめサイト | ばかばかしいテレビ番組 | イベント | ウェブログ・ココログ関連 | エデンの東 | エネルギー問題 | ガーデニング | ギャンブル | クラシック音楽 | グルメ | スポーツ | チャン・ヒビン | テ・ジョヨン | ニュース | パチンコ屋 | ヒストリーチャンネル | ファッション・アクセサリ | マイプリンセス | 三田渡碑文 | 丙子胡乱 | 中国の映画 | 中国ウォッチング | 中国武侠ドラマ | 住まい・インテリア | 北朝鮮問題 | 医療・健康番組 | 千秋太后 | 南京大虐殺の虚妄 | 原発事故 | 古代史 | 在日中国人問題 | 外国映画 | 大災害 | 女人天下 | 学問・資格 | 家事一般 | 小沢事件 | 小説・シナリオ | 帝国の朝 | 心と体 | 政治の話 | 新型インフルエンザの話 | 旅行・地域 | 日本のドキュメンタリー番組 | 日本のドラマ | 日本の名画 | 日本の教育は最悪だ | 日本の皇室 | 日本の領土問題 | 日記・コラム・つぶやき | 日高レポート | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 最先端の医学 | 最悪【人権救済法案】断固阻止 | 有名人 | 朝鮮半島ニュース | 朝鮮戦争 | 朴大統領って何? | 東京の名所 | 東北関東大震災 | 民主党なんか大嫌いだ | 池田大作関連本 | 王と妃 | 王と私 | 環境問題 | 目撃情報 | 経済・政治・国際 | 考古学 | 芸能・アイドル | 薬害 | 近代史 | 選挙 | 金笠の詩 | 韓国のドキュメンタリー | 韓国の放浪詩人「金笠」 | 韓国の歴史ドキュメンタリー | 韓国ドラマ | 韓国ドラマ「太陽の花嫁」 | 韓国ドラマ「第5共和国」 | 韓国バラエティ | 韓国映画 | 韓国歴史ドラマ「テジョヨン」 | 韓国歴史ドラマ「戦友」 | 音楽 | 風景