カテゴリー「小説・シナリオ」の3件の記事

清水 曙美先生の訃報

脚本家教室の清水 曙美先生が、突然亡くなられたというニュースが新聞に出ていました。

71歳だったそうですが、そんなお歳に見えなくて、せいぜい50歳代くらいかと思ってました。

六本木の脚本家教室の室長で、とてもやさしくし、励まして指導してくださいました。

清水先生のゼミが一番人気がありました。

受賞者とか、デビューする人とかが、一番多いという話だったと思います。

でも、昼間のゼミなので、私はいけませんでした。

実際に書いてみる授業では、とてもほめてくれる先生で、自信がついたのを覚えています。

先日のパーティでも、挨拶しておられました。

あのパーティを企画してくださったのだそうです。

優しい笑顔が、印象的でした。

ご自身のデビュー作のエピソードを、赤裸々に教えてくださいました。

もう一度、清水先生の優しい笑顔にお会いしたかったと思うような、素敵な先生でした。


昔の写真だそうです。


Img_2892


ご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浅田次郎の講演

昨年、浅田次郎の講演を聞いた。
そのとき、「終わらざる夏」という単行本の話とか、西太后や張作霖などの話を聞いた。

張作霖は、悪く言われているが、あれだけのことをしたのだから、どこか魅力的な人物なのだろうと。
また、西太后がいなければ、中国はもっと早く滅んでいただろうと。

なるほど、というか、浅田次郎の作家としての考え方を聞かせてもらって、おもしろかった。

西太后は、今テレビでやっているけれども、「蒼穹の昴」でしたっけ、あまり見る気にならない。

西太后役の田中は、おしんのほうが似合っているというか、どうしても、貧乏臭い役のイメージが強すぎて、西太后の役を演じているのを見ると、作り物っぽくて、見る気にならない。

また、本も読んでいないし。。。

壬生義士伝は、映画もドラマも面白かった。

泣かされてしまった。。。

「終わらざる夏」のことを、ちょっとだけ、説明していた。

浅田次郎は、自衛隊にいた経験をいろいろ書いているが、めちゃめちゃおもしろいのが、ヘルメットの話と長靴をなくす話。

自衛隊では、装備品をチェックするのだそうで、なくすと大変なので、いろいろやりくりするのだそうだ。

浅田次郎氏は、頭が大きくて、自衛隊のヘルメットにはいりきらなかったとか。

講演会場で、写真をこっそり撮ってしまったが、確かに、大きそうだ。

Dscf1987

Dscf1995

おでこのはり具合など、只者ではない。

「終わらざる夏」のねたは、自衛隊にいたころ、上司というか、先輩というか、そのころの自衛隊には、旧日本軍の軍人さんがいて、その人たちに聞いた話なのだそうだ。

長年温めてきた話というわけではないけれども、いつも、心のどこかに、この話を書かなければいけないと思っていたそうだ。

太平洋戦争末期、石油が無いために、占冠島に集結していた日本軍は、船を動かすことができなくて、ほぼ無傷の日本軍が残ったまま、終戦を迎えたそうだ。

例によって、終戦後にもかかわらず、ソ連が攻撃してきたため、全軍臨戦態勢を整えて、戦い、撃破した。

ところが、終戦後だからというので、武装解除させられ、最終的にシベリア送りになってしまったとか。

そのときの話なのだそうだ。

読みたいと思ったけれども、文庫本になって、軽くなってから、買って読むつもりですけれども、一時かなり売れていたみたいですね。

今も、文庫本の「蒼穹の昴」がアマゾンの浅田次郎さんの本でトップだけれども、単行本としては、「終わらざる夏」がダントツの一位。

売れてるんですね。

早く読みたいけれども。。。

ほかにもいっぱい読みたい本がたまってます。。。 浅田次郎氏と同じく、古本屋の前に止まると、買ってしまう私。。。


モバイルのリンクはこちらです。
終わらざる夏 上
終わらざる夏 下

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小説講座の仲間たち

小説講座では、いろいろな人がいた。
何年も書き続けていて、それぞれかなりの腕前。

最初に通った小説講座では、地方の小説コンクールに入賞した人がいた。

一位にはならないけれども、何回も入賞経験がある女性。
Bさんと呼ぶことにする。

何かのコンクールの二次予選を通過したことがあったという人は、先日ばったり会ったところ、何かの小説コンクールで入賞していた。
Aさんと呼ぶことにする。Aさんは、若いころの実体験をもとにした少説があって、それを出版したいので、勉強しているという人だった。その小説を読ませてもらったけれども、なかなか面白かった。

若いころの恋愛小説で、Aさんは男性だけれども、確かに面白くて、読みたいと思われるような小説だった、

しかし、小説として売り出すには、きっと何かが足りないのだろう。

最初に通った小説講座の先生は、昔芥川賞をとった作家。
二番目に通った小説講座の先生なら、いいアドバイスをくれて、いい作品なら出版してくれるかも知れないけれども。

Aさんは会社員をしながら、毎日書いているという。

そして、昨年、しばらくぶりに小説講座に顔を出したところ、AさんとBさんがいなかった。二人で旅行に行っているといううわさだった。

小説のねた作りに、二人で不倫をしているというのでびっくり。
そこまでするか、というか、そこまでして小説を書くか、と、思うけれども、それでデビューできたら、御の字だろう。

下手な人もいろいろいて、中年&老年の妄想炸裂小説を読むはめになり、気色悪い人も何人かいた。

ある男性は、奥さんがシナリオライターで、その男性は、自分もライターなのだそうだけれども、奥さんとテープレコーダーをおいて、いろいろ話したというストーリーの小説は、こんなこと書いていいの?という内容だった。

これで友人をなくしたといっていたけれども、後日その人の奥さんの名前を、ある場所で見つけてびっくり。
本当にシナリオライターだった。
変わった名前なのですぐにわかったけれども、世の中には、変わった夫婦もいるらしい。
しかし、あの小説のことを奥さんは知っているのだろうか。
と思うけれども。

Bさんは、風景描写がうまくて、先生も絶賛するほどだった。

もちろん、ただの風景描写ではなく、心情が投影されているような描写で、大好きな故郷の風景なのだそうだけれども。

Bさんは、いくつも書いてきた。

ストーリーがつまらなかったりするのだけれども。
夜中に、小説を書いていると、いろいろな自分になって、おかしくなりそうなときもあると言っていた。


もう一つ通った小説講座、つまり、元文芸部長が講評してくれる小説講座では、わざわざ広島から新幹線で通ってきている人もいた。

その人は、体が悪くて、障害があるのだけれども、何十年も書き続けていて、時代小説がうまかった。

また、昔、小説現代新人賞を受賞したという女性もいた。
小説コンクールを受賞した人でも、作家として本を出せないらしい。

アマチュアと一緒に作品を提出して、勉強していたが、さすがに上手だった。
その人が書きたい事件(自分の家族に関係し、また戦後史で重大事件)を書いていた。

内幕というか、そういうことがあったのか、という内容で、もし世に出れば、売れるかもしれないけれども、その人の描き方は、読み手から見ると、あまり面白くない描き方だった。
つまり、自分の家、家族を美化していて、ちょっとハナについてしまう。

10人以上いたと思うけれども、それぞれの作品を、きちんと読んで批評するのは、確かに疲れるだろうと思うような力作ぞろいだった。

先生のアドバイスで書き直して、もう一回講評してくれた。

私は、一人称で書いたけれども、三人称で書いてみてくださいといわれて、書き直した。
しかし、一人称小説は書きやすいけれども、三人称小説をどうやって組み立てていけばいいのか、いまいちわからない。
わからないながらも、やってみた。
50枚分だから書けたけれども、長くするには、どうやって組み立てていいか、もうちょっと調べないと書けない。
視点の統一というのがあって、章ごとに変わるのはいいけれども、段落単位で視点が変わったりするとだめなのだそうだけれども、そのあたりのことがいまいちよくわからない。無意識にやってみて、これでいいとか、だめ、とか、教えてもらえると、たぶん話が早いのだろうけれども。


ある女性の書いた小説は、悲惨すぎて、読むだけで憂鬱になるような小説だった。

そういうこともあるかもしれないと思うけれども、そこまで書かなくてもいいんじゃないのか、と思うような、救いのない小説だった。

先生は、やはり、そういう小説はだめ、と、言っていた。

しかし、その女性の小説は、上手だった。

筆力というか、文章自体は、すばらしかった。
それだけに、なおさらその悲惨さが迫ってきて、やりきれないような気持ちになる小説だった。

小説家としてデビューしている人が書いた小説とは、どこがどのように違うのか、と思うけれども、やはり、文章に表れる人間性なども関係しているしているだろうし、テーマ、モチーフの選び方も大切だと思う。

小説講座の仲間たちの小説は、小説家の駄作よりも、おもしろくて、上手な小説もあったが、これだけ、がんばっていて、こんなに上手なのに、小説としてお金が取れるかというと、無理かもしれない、という感じ。

お金を払って読む気になるか。

それが問題だ。

原稿用紙50枚の小説を提出して、先生が講評するという小説講座だったけれども、提出された小説は、大作ばかりだった。
先生は、こんなに長い小説ばかり読んで、さぞかし大変だっただろう。

やめるとおっしゃったのも無理はない。


最初の小説講座で、私は二年以上通って、やっと三つくらい提出した。

二つ小説コンクールに出して、落選した。

小説の勉強は、マラソンと同じで、毎日書くことだそうだ。

文章を書いて、人に見てもらうのがいいらしい。

中途半端な小説を人に見せるのは、かなり恥ずかしい。

そう思ってしまうから、だめなのか。

今は、何も書いてないけれども、ブログを書くだけでも勉強になる。

そのうちにきっと書きたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

my動画 おすすめサイト ばかばかしいテレビ番組 イベント ウェブログ・ココログ関連 エデンの東 エネルギー問題 ガーデニング ギャンブル クラシック音楽 グルメ スポーツ チャン・ヒビン テ・ジョヨン ニュース パチンコ屋 ヒストリーチャンネル ファッション・アクセサリ マイプリンセス 三田渡碑文 丙子胡乱 中国の映画 中国ウォッチング 中国武侠ドラマ 住まい・インテリア 北朝鮮問題 医療・健康番組 千秋太后 南京大虐殺の虚妄 原発事故 古代史 台湾のドラマ 在日中国人問題 外国映画 大災害 女人天下 学問・資格 家事一般 小沢事件 小説・シナリオ 帝国の朝 心と体 政治の話 新型インフルエンザの話 旅行・地域 日本のドキュメンタリー番組 日本のドラマ 日本の名画 日本の教育は最悪だ 日本の皇室 日本の領土問題 日記・コラム・つぶやき 日高レポート 映画・テレビ 書籍・雑誌 最先端の医学 最悪【人権救済法案】断固阻止 有名人 朝鮮半島ニュース 朝鮮戦争 朴大統領って何? 東京の名所 東北関東大震災 民主党なんか大嫌いだ 池田大作関連本 王と妃 王と私 環境問題 目撃情報 経済・政治・国際 考古学 芸能・アイドル 薬害 近代史 選挙 金笠の詩 韓国のドキュメンタリー 韓国の放浪詩人「金笠」 韓国の歴史ドキュメンタリー 韓国ドラマ 韓国ドラマ「太陽の花嫁」 韓国ドラマ「第5共和国」 韓国バラエティ 韓国映画 韓国歴史ドラマ「テジョヨン」 韓国歴史ドラマ「戦友」 音楽 風景