カテゴリー「王と妃」の52件の記事

「インス大妃」と「王と妃」

「王と妃」がすごく面白かったので、「インス大妃」も期待してみていた。

同じ人物が主人公で、演じる女優も同じだから。

インス大妃役のチェ・シラは、年齢を感じさせないというわけにはいかないらしく、別の女優が若い時を演じていた。

どうみても、かわいらしいイメージは、出せないらしい。

今は、成宗に「自分は不幸者」だと言わせて、大妃の座を手に入れたところだけれども。

ソンヨンという女官が、年上の乳母役だったけれども、成宗に一番愛されて、側室になるというストーリーになっている。

もしかして、これが、廃妃となるのか、と思った。

ソンヨンは、家系図がないけれども、なんとか宮中にもぐりこんだという設定。

「王と妃」の廃妃は、貧乏だけれども、誇り高い士大夫階級出身の強烈な個性で、インス大妃と張り合うという人物設定だった。

そのため、対立がすごくて、死んでも呪い続けるみたいな凄味があったけれども。

今回は、全然違う。

なんか、おもしろくない。

あまり怖さがない。

ただ単に、女のいやらしさを感じる。
幼い成宗をたぶらかして、側室におさまってしまう女官という感じ。

王妃チャン・ノクスのほうを、BSで録画してあったので、時々見ているが、キーセンの踊りは、恨みを秘めて、踊るものなのだそうだ。

ま、チェ・シラの演じるインス大妃は、今回、大王大妃にも嫌われていて、ほとんど味方がいないのに、字が読めるから、政治を当然のごとく仕切っていくという設定らしい。

インス大妃を欠かさず見ていたわけではなく、録画だけしていて、どうなってるのかな、と見てみただけの印象だけれども。

「王と妃」は史実を忠実に再現していたそうで、解説も面白かったけれども。
「インス大妃」は、捏造史観のようなドラマで、全然面白くない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国歴史ドラマ「王と妃」第77話は、死六臣の話

「王と妃」を、KBSで見始めたとき、すでに86話くらいのところだったので、死六臣の話などは、みていなかった。

BSで放送していたのを見たけれども、カットが多いので、どのくらい元の放送と違うかわからない。

今回、LALATVで放送しているが、75分くらいの時間をとって放送しているので、おそらくカットなしだと思う。

死六臣を、韓国の忠臣蔵となんかで言っていたけれども。

そうは思えない。

すごい処刑シーン、拷問シーン。

A66

A67

A68

A69


A70

A71

A72


A73

A74


A75

A76

「じつに心地よい」などと、本当に言ったのだろうか?
脚色ではないのだろうか。

すごいシーンだ。

これは、ごく一部だけれども、死六臣はさんざん拷問されて、気絶しても、水をかけられる。

「ソン・サンムンを拷問で殺してはならぬ」と王が命令する。

そのため、ソン・サンムンの拷問を中止し、どこかへ、リヤカーみたいなものに乗せて、運んで行く。

そこへ、ソン・サンムンの父親が通りかかり、「拷問ごときで……」と息子を、叱る。

すごい執念だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

lalaTVで、来年一月から「王と妃」放送予定

今、lalaTVで、朝「龍の涙」を二話ずつ放送してます。

BS4で放送していた「龍の涙」は、余りおもしろくなかったけれども、カットなしのバージョンの「龍の涙」はおもしろいです。

今放送しているのは、イ・バンウォンとイ・ソンゲが対立しているあたりです。

差使として、イ・ソンゲのところへ、何人も送られるけれども、みんな殺されてしまうというあたり。

イ・ソンゲの友人は、差使として行ったけれども、友人を殺すことは出来ないと、イ・ソンゲは帰らせた。しかし、チョ・サイが殺さなければ行けないと主張し、結局、イ・ソンゲは、もう川を渡った頃だろうと思って、
「川を渡ったなら、殺さず、川を渡っていないなら,殺せ」
と命令します。

しかし、腹痛で、休んでいたため、川を渡っていなくて、不運の死をとげることに。。。

その次の差使は、差使ではないと言い張り、もし嘘をついたら、八代までの子々孫々は、口がきけなくなるだろう、と、言ったとか。その息子達は,口がきけなくなったとか。
生き残ったのは、この嘘をついた差使だけだそうです。

親子なのに、性格が似ているのに、対立し、チョ・サイがイ・ソンゲに忠誠を尽くし、イ・バンウォンと戦う準備をするけれども、イ・ソンゲの軍に加わった女真族はなぜか撤退してしまいました。
イ・ソンゲの側になっていた将軍を、イ・バンウォン側に寝返りさせるイ・バンウォン側の将軍の工作(戦う振りをするなど)があったりして。。。。

ミン氏(王妃の一族)たちが、イ・バンウォンのために、戦います。
イ・バンウォンは、自ら前線に立ち、戦いますが、
イ・ソンゲは、離れた場所で、勝利の報を待っています。

そういう具体的なシーンを見ると、おもしろいです。

ここまで、対立していたのか,と思います。

しかし、このようにイ・バンウォンのために戦った王妃の一族のミン氏も、後に、イ・バンウォンは、処刑してしまいます。

王妃の父と兄、弟、全員処刑。

それをみて、イ・バンウォンの次男、幼い世宗は、ショックを受ける。。。

「王と妃」もきっとノーカットで見られると思います。

楽しみ〜。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BSバージョンの「王と妃」が終わりました

私が、以前見たのはフルバージョンの「王と妃」で、一回が、45分から50分くらいだったと思う。
短い方だけれども、BSの1時間枠として放送すると、コマーシャル分を確保するために、37分くらいにカットされてしまう。
だから、みんな短くなっていたようだ。

私が見ていなかった部分が見れたのは、よかった。
死六臣の話は、すごかった。

しかし、見ていた部分については、迫力がなかった。

成宗の側室たちを燕山君が拷問するシーンは若干放送されたけれども、前に見たときは、もっとすごかったと思う。

延々と行われていたし、他にももっと多くの処刑シーンとかがあったと思う。

また、セリフが違う場所とか、短縮されたらしき場所があった。
ナレーションなどは、かなりカットされていたのではないだろうか。

「王と妃」をKBSWORLDで放送したとき、何て残虐なんだろうと思った。

カダフィ大佐の処刑シーンは、「凄惨なので、気を付けて下さい」みたいなコメント付だったけれども、「王と妃」の処刑シーンの方がもっとすごい。
しかも、何度も何度も行われる。

これほどひどいシーンをお茶の間で子供が見ていていいのだろうか、と、日本では騒がれるに違いない。

北朝鮮では、いまだに、高官が処刑されたらしいという話がニュースになっている。
公開処刑が行われているそうだ。

李氏朝鮮の時代と同じだ。

とはいうものの、「王と妃」のフルバージョンは、やっぱりすごい

「秋の童話」のフルバージョンの最終話を昨夜初めて見たような気がする。

ウンソを取り巻く二人の男性は、結局、二人とも後追い自殺のような死に方をすることになっていたらしい。
知らなかった。

カットされたバージョンの方が、ラブストーリーとしては余韻がある。

ブログランキング参加してます。
応援ぽちよろしくお願いいたします。
テレビブログランキング
人気ブログランキングへ
このブログのトップページへ戻る→今日的見聞録

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国歴史ドラマ「王と妃」156回目(その4)

インス大妃につげクチした尚宮。

A

何があったかわからなかったと。。。

A_2

この側室、貴人の姉妹は、さんざんに廃妃の悪口を言って、陥れる。

実は、呪いの儀式もやったりしている。

ついには、見に行かせた尚宮に賄賂を渡して、廃妃がこうだった、ああだったと、アリもしない悪口をいわせることによって、廃妃を死なせてしまう。

性格悪い。

最終的に、ヨンサングンに拷問されて、殺されてしまうが、因果応報というしかない。
その結末の拷問シーンを予告編などで、何度も放送しながら、このようなせりふを聞くと、ホラーストーリーも顔負けの恐ろしさ。


A_3

A_4

A_5

A_6

A_7

A_8

A_9

A_10

A_11

A_12

A_13

A_14

A_15

A_16

A_17

A_18

大王大妃は廃妃に同情的で、何とかしたいと思っている。


A_19



ブログランキング参加してます。
応援ぽちよろしくお願いいたします。
テレビブログランキング
人気ブログランキングへ
このブログのトップページへ戻る→今日的見聞録

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国歴史ドラマ「王と妃」156回目(その3)

中殿は、夜食を食べまくる。
おつきの尚宮が、そばについていて、見張っている(インス大妃の手下)。

A

A_2

A_3

食べまくるから、男の子だと考える中殿。
たしかに男の子が生まれる。
キム・チョソンが来る。
ノリゲを持って、わたすために。A_24

キム・チョソンとこっそり会うため、尚宮に、席をはずさせる。

A_5

A_6

A_7

A_8

A_10

A_11

成宗からの使いだとわかる。

A_13

A_9

A_15

A_14

A_16

A_18

最悪。
スパイに徹する尚宮。

A_19

A_20

A_21

A_22

A_23

さっそく、インス大妃に報告がいく。
しかし、キム・チョソンの役目はわからない。



ブログランキング参加してます。
応援ぽちよろしくお願いいたします。
テレビブログランキング
人気ブログランキングへ
このブログのトップページへ戻る→今日的見聞録

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国ドラマ「王と妃」第156回目(その2)

A

息子夫婦に、こういうことをいうものでしょうか?

夫に先立たれてしまったインス大妃は、無駄な情愛を持たなかったのかも。

A_2

涙涙。。

A_3

中殿のノリゲを握りしめている。

A_4

A_5

A_6

A_7

ノリゲを返してあげたいけれども、自分はいけないから、と内官に頼む。
この内官は、「王と私」の主人公キム・チョソン。

A_8

A_9

A_10

A_11

インス大妃おつきの尚宮が、成宗の様子を探ろうとするが。キム・チョソンは適当にかわす。

A_12

A_13

A_14

A_15

食べまくる中殿。

A_16

A_17

A_18

A_19

この尚宮は、インス大妃の回し者で、中殿を見張っている。

A_21



ブログランキング参加してます。
応援ぽちよろしくお願いいたします。
テレビブログランキング
人気ブログランキングへ
このブログのトップページへ戻る→今日的見聞録

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国歴史ドラマ「王と妃」156回目(その1)

成宗の部屋の前に、インス大妃が立っていた。
それはなりませんと、怖い顔。

A1

A

A_2

A_3

A_4

楽ではないかもしれないけれども、インス大妃の望み通り。

A_5

A_6

大君のことを、非難し始めるインス大妃。

A_7

A_9

母ににらまれて、びびりまくるマゾコン息子。
どうしようもない。。。

A_10

A_11

A_12

A_13

A_14

A_15

A_16

A_17

A_18

A_19

こんなことで、泣くなんて、どうしようもない成宗。

A_20

A_21

A_22

中殿に会いに行くのをチェックするなんて、最低。姑根性というか、結局、インス大妃ににらまれてしまったわけで、別居、廃妃、賜薬というわけ。

A_23



ブログランキング参加してます。
応援ぽちよろしくお願いいたします。
テレビブログランキング
人気ブログランキングへ
このブログのトップページへ戻る→今日的見聞録

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国歴史ドラマ「王と妃」155回目(その5)

中殿ユン氏が砒素を持っていたことについて、侍女が拷問を受けて、殺されてしまう。

A

中殿の母のこと。

A_2

A_3

申氏は、中殿の母、府夫人。
実は、府夫人が砒素を持ち込んでいた。

A_4

A_5

A_6

内人(中殿の侍女)がすべての罪をかぶり、殺されてしまう。

A_7

中殿復位を、考える二人。
しかし、インス大妃は反対する。

A_8

A_9

A_10

A_11

A_12

このせりふ「それはなりませぬ」は、部屋の外にいたインス大妃のせりふ。
おそろしいー!!

A_13

A_14

A_15

A_16

A_17



ブログランキング参加してます。
応援ぽちよろしくお願いいたします。
テレビブログランキング
人気ブログランキングへ
このブログのトップページへ戻る→今日的見聞録

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国歴史ドラマ「王と妃」155回目(その4)

A

月山君の妻、パク氏(朴)は、中殿に好意的。

A_2

A_3

A_4

A_5

A_6

A_7

民は愚かで、深い事情を知らない。。
だから自分が、政治をしきるというわけ。
インス大妃は、成宗を通じて、さらに政治に介入していく。

A_8

A_9

A_10

よく言うよ。。。

A_11

A_12

A_13

貞観大妃は、文字が読めないという理由で、インス大妃のほうがいばってます。
文字が読めるインス大妃は、女としては、李朝朝鮮で珍しい部類でしょう。

A_14

A_15

A_16

A_17

A_18

それはないでしょう、ずいぶん、いじめたわけですし。。
一応、いつもあたま下げてるのに。
自分の思い通りになるかならないか、それを考えているのがインス大妃。

中殿も気が強いので、張り合ってしまうのでしょう。

A_19

それは、自分のことじゃないですか?
そんなに強欲ではないと思います。
インス大妃のほうが、よくばりだと思います。

A_20



ブログランキング参加してます。
応援ぽちよろしくお願いいたします。
テレビブログランキング
人気ブログランキングへ
このブログのトップページへ戻る→今日的見聞録

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

my動画 | おすすめサイト | ばかばかしいテレビ番組 | イベント | ウェブログ・ココログ関連 | エデンの東 | エネルギー問題 | ガーデニング | ギャンブル | クラシック音楽 | グルメ | スポーツ | チャン・ヒビン | テ・ジョヨン | ニュース | パチンコ屋 | ヒストリーチャンネル | ファッション・アクセサリ | マイプリンセス | 三田渡碑文 | 丙子胡乱 | 中国の映画 | 中国ウォッチング | 中国武侠ドラマ | 住まい・インテリア | 北朝鮮問題 | 医療・健康番組 | 千秋太后 | 南京大虐殺の虚妄 | 原発事故 | 古代史 | 在日中国人問題 | 外国映画 | 大災害 | 女人天下 | 学問・資格 | 家事一般 | 小沢事件 | 小説・シナリオ | 帝国の朝 | 心と体 | 政治の話 | 新型インフルエンザの話 | 旅行・地域 | 日本のドキュメンタリー番組 | 日本のドラマ | 日本の名画 | 日本の教育は最悪だ | 日本の皇室 | 日本の領土問題 | 日記・コラム・つぶやき | 日高レポート | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 最先端の医学 | 最悪【人権救済法案】断固阻止 | 有名人 | 朝鮮半島ニュース | 朝鮮戦争 | 朴大統領って何? | 東京の名所 | 東北関東大震災 | 民主党なんか大嫌いだ | 池田大作関連本 | 王と妃 | 王と私 | 環境問題 | 目撃情報 | 経済・政治・国際 | 考古学 | 芸能・アイドル | 薬害 | 近代史 | 選挙 | 金笠の詩 | 韓国のドキュメンタリー | 韓国の放浪詩人「金笠」 | 韓国の歴史ドキュメンタリー | 韓国ドラマ | 韓国ドラマ「太陽の花嫁」 | 韓国ドラマ「第5共和国」 | 韓国バラエティ | 韓国映画 | 韓国歴史ドラマ「テジョヨン」 | 韓国歴史ドラマ「戦友」 | 音楽 | 風景