カテゴリー「東北関東大震災」の4件の記事

小沢一郎は、 やっぱりそういう奴だった。。

私は、小沢一郎のことを調べ初めて、小沢一郎とは、いかなる人間かと、驚いた。

そして、その家族関係、父親や母親との関係、姉とされる親族のこと、朝鮮総連が根抵当権を設定したとされている母方の不動産の話、隠し子、愛人などのスキャンダルを隠し通したことなどから、よく奥さんは我慢していると思っていた。

なぜ結婚したのかといえば、もちろん、田中角栄の紹介でもあるけれども、金目当てだろう、と、思った。
今回、世田谷の土地を購入した四億円の資金の出所についても,二転三転した。奥さんの資産も、かなりの額であり、それを様々な形で、流用しているらしいことも分かった。


奥さんは実家の資産を小沢一郎に提供しているのに、隠し子がいたというのは、きっとショッキングだろうと思っていた。

財産家であれば、二号さんなどがいてもおかしくない。

小沢一郎の父親はほとんど財産を残さなかったと言ったとされている。

今、国民のため、とか、最初の公約を果たすため、とか言って、野田首相の消費税増税をつぶそうとしているらしいが。

きれい事を言って、自分こそは、立派な政治家であり、野田首相を引きずり下ろして、民主党の金庫を手にしようとしているらしいが。

一見すると正論に見えるかもしれないが、今となっては実現不可能な公約であったことが明らかになっている。

また当初、小沢一郎自身が公約破りを指示した。
そして、小沢一郎が、選挙に勝利して、実権を握った途端、横柄な態度で、威張り散らしたことも、記憶に新しい。

消費税増税についての議論は、さまざまあるが、私は、今更消費税を上げても間に合わないし、そもそも民主党が,使い込んだ部分を穴埋めしようとしているわけだから、それもちょっとね、と思うけれども、今、世界的なソブリン危機の中で、日本も、欧州危機、中国バブル崩壊、アメリカの財政危機、に続いて、どうにもならない状況に鳴りつつあることは確かなわけで、消費税増税などではなく、大胆な緊縮財政と共に、消費税を増税せざるを得ないかもしれないとは思う。

しかし、今のままでは、穴の空いたざるのような国家財政だ。

身を切る努力といって、国家公務員の給与を下げるといっているけれども、国会議員にかかる費用は、国家財政規模全体を円グラフにして,その中のごくわずかでしかない、などと、解説するテレビを見ても分かるとおり、自分たちの取り分は、絶対に削らない。

国会議員一人当たり二億円と言われるけれども、国会議員がそれだけの報酬に見合う仕事をしているとは思えない。

国の金で外遊までして、遊び暮らしているだけだろう。

ま、話がずれたけれども、小沢一郎の奥さんは、よく我慢していると思っていたけれども、やはり自殺まで考えたそうだ。

小沢一郎は、北朝鮮とつながっているというか、ルーツは、朝鮮半島だとされているようだが、様々の客観的な事実からしても、私もそう思う。

男尊女卑というだけでなく、日本のあらゆるリソース、例えば、政党助成金や妻の実家の資産など、すべていただくのが、小沢一郎のポリシーなのだろう。


隠し子が居たというけれども、奥さんを大事にしていれば、奥さんに育てさせたはずだ。

愛人の方が大事だし,信頼しているので、愛人に育てさせたというわけだろう。

今回の奥さんの手紙を見て、やっぱりそうだったのか、というのが、私の感想だ。


ふてぶてしい面構えで、今更立派な政治家の振りをして、国民のために,消費税増税は絶対に駄目だなどと言って、選挙に勝とうと思っているのだろう。

本当に煮ても焼いても食えない奴だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蓮舫、引っ込め!!

あのねえ、すごくむかつくんですけど、この人。


蓮舫氏、節電対策の電力料金値上げ「あってはならない」強調

2011.4.5 10:29
蓮舫・内閣府特命担当大臣(桐山弘太撮影) 

クリックして拡大する

蓮舫・内閣府特命担当大臣(桐山弘太撮影) 

 蓮舫節電啓発担当相は5日午前の記者会見で、東京電力福島第1原子力発電所の事故を受け、夏場に向けた節電対策として電力料金の値上げが注目されていることについて、「現段階において電力料金を上げるというような話はあってならない」と述べた。

 蓮舫氏は、値上げによる節電効果について「平時であれば電力需給の抑制に一定の効果は一般的に出る」としつつも、「こういう事態において節電あるいは通勤通学の不便も我慢していただいている」と指摘し、値上げすべきでないとの考えを強調した。

「節電、あるいは、通勤通学の不便も我慢していただいてる」だって。
空気読めって感じ。

大震災だから、しょうがないと最初は思ったけれども。
計画停電で、電車が止まって、仕事が休みになって、ラッキーとか最初は思ったけど。

中途半端に、8割運転とかで、2台の電車を待って、300%くらいの電車に乗ったこともありましたけど。

節電も、がんばろうと、家の電気をせっせと消しましたけど。

でも、がらがらのパチンコ屋を見たとき、許せないと思いました。

Img_0069

日本中が、節電し、企業も努力しています。
セブンイレブンや、ローソンは、LED電球に取替え、ソニーはゴールデンウィーク返上で、工場を稼動させ、夏2週間休むと。

パチンコ屋は、どうするんですかね。
自動販売機のことばかり言ってますが。
お金がないとき、自動販売機のお金がもったいないので、家で作った冷たいお茶を保冷水筒に持ち歩きました。
ま、うちのような貧乏人には、自動販売機、はっきり言って邪魔です。

それよりもっと邪魔なのが、パチンコ屋。

そして、今朝ですか、この発言。

事業仕分けで、国家権力を振りかざしたあなたが、「権力で要請・・・国民はどう考える」疑問視

ですか????

蓮舫氏、都議会・民主の自販機節電「権力で要請…国民はどう考える」疑問視

2011.4.15 09:50
蓮舫節電啓発担当相

クリックして拡大する

蓮舫節電啓発担当相

 蓮舫節電啓発担当相は15日午前の記者会見で、東京都議会の民主党が夏の節電対策として清 涼飲料水の自動販売機で日中の電力使用の停止を求める条例案を提案する方針を固めたことについて「経済活動に影響が出るものを権力で要請するのは国民がど う考えるか」と疑問を呈した。

 その上で「政府として各企業に節電の計画を出すよう要請しているので、努力してもらえるものだと思う」と述べ、企業の自主的な取り組みを重視する考えを示した。

 自動販売機とともに石原慎太郎都知事が電力消費が多いとして問題視するパチンコ業界については「町を見ると相当明るいなどの声があることは承知している。節電計画を出した上で(国民が)納得できるように説明責任も持ってほしい」と述べた。

パチンコをなんとか、してほしいんだけれども。
自動販売機は、いつも冷やしているとか、いつもあったかくしているというのが、確かに無駄。
職場でもコーヒーメーカーやポットが禁止になりました。

常時電力を使うものは、やっぱり節約すべきでしょう。

国民はどう思うかですって。。。

事業仕分けなんて、いんちきをやったあなたは、国が介入すべきではなかったことをさんざんやりました。

しかし、限りある資源、限りある電力を国民が分け合うには、談合して、相談して、分け合わなければならないのです。

昔、経済産業省が、いろいろなものを貧しい時代に割り当てしてました。

これからは、貧しい時代に戻るのです。

電力は、高価なのです。

原子力発電の今回のトラブルのコストを考えれば、電力料金は安すぎます。

左翼の連中のように、東京電力を攻めればいいってもんじゃないです。

トータルで考えれば、原子力発電の電力コストは、安くすまないのです。

安い電力だから、と、使いほうだいしているパチンコ屋の電力料金を10倍にするなら、それは、妥当かもしれません。

病院の電気代は、半額にするべきです。

そういうメリハリがあってもいいんじゃないですか?????

やることなすこと、おかしいですね。。。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

週刊誌買いまくり

先週は、生存者たちの記事を読みたくて、3冊週刊誌を購入した。
すぐに読まなくても、サバイバルのため、読んでおきたいと思ったから。

関東地方にも、地震が来るかもしれないといわれているから、そのときに備えようと思ったわけで、購入した。

今週は、原発関係のニュースが、知りたくて、4冊購入した。
電源復旧しつつあるのに、黒煙や白煙により、作業を中断し、退避というニュース。
東京電力や原子力保安院が、煙の原因がわからないなどと、発表しているのは、なぜだろうか、と思った。

本当にわかっていない未知の原因か、それとも、何か隠しているのか?

電源復旧までこぎつけたら、すごいと思っていたけれども。


枝野のコメントは、水とヨウ素だけ。

ヨウ素は微量だし、半減期が8日だし、そんなもので、大騒ぎをするなんて、馬鹿らしいと思っていた。

しかし、二階堂.comには、いろいろすごい話があったりするし。

日本の行政機構は、法学部が権力を握っていて、技術屋さんは、その下にある。
特に電力や原子力に関係する行政機関は、そうだ。

広瀬隆じゃないけれども、巨大技術の危険性は、確かにあると思う。

4冊も買って、読みきれるかわからない。
立ち読みじゃ読みきれないことは、確か。

時間が足りない。。。。

Dscf5142

Dscf5143

Dscf5145

Dscf5148

Dscf5149

Dscf5150

Dscf5151

プルトニウムの放出量は、わかってないらしい。

しかし、ごく微量でも毒らしいし。

ヨウ素だけなら、たいしたことないと思ってたけれども、プルトニウムは、ちょっとまずいかも。

イラク戦争とか、何かで、汚い爆弾として、プルトニウムを含む劣化ウラン爆弾を使ったとかいう話があって、それはひどいんじゃないか!!、と思っていたけれども。

早期に収束させないと、大変かもしれない。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

東北関東大震災の緊急情報

以前、医師不足の現状に世の中の関心が集まり、私もいろいろな場所屋ニュースを知りました。

過疎地の緊急医療を支える医師たちの話を知りました。

その中に、宮古病院がありました。

過疎地の医療を支える大切な病院ですが、今回、震災関連の救急に追われて、非常用の資材を使い果たしていると、昨夜のテレビのニュースで報道していました。

そして、今朝所属しているメーリングリストのメールを見て、びっくり。

こういうことになってるなんて。

アメリカ軍が、わざわざ海軍を展開してくれているのに、日本は、何もしてもらわないのでしょうか?

左翼政権だから、アメリカ軍には、文句を言うだけなのでしょうか?

とんでもないことです。

陸上交通が途絶しているなら、海から、空から機動的に食料や必要な品を輸送すべきです。

それができるのは、アメリカの海軍です。
物資が足りないために、避難場所では、さまざまな努力をしているそうです。
食料や、灯油、発電用のディーゼル油など、無くなると困るものは、輸送するしかないでしょう。

今後、避難場所で、もし、死者がでたら、管内閣による人災です。

以下、メールの引用です。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

政府は米軍に患者搬送の要請を
医師 村重直子
2011年3月15日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行 http://medg.jp
---------------------------------------------------------------------------------------

 東北地方太平洋沖地震で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げるとともに、亡くなられた方々に哀悼の意を表します。
 災害が起きて最初の2,3日は、自衛隊、消防、DMAT(災害派遣医療チーム)などによる埋もれた人々の救助などが重要とされています。しかし今回は、DMATのメンバーからの間接的な情報ではありますが、津波の被災地では、生きているか死んでいるか明確に分かれ、DMATの活動を必要とする対象はほとんどいなかったそうです。

 これからは、もう少し長い目でみた対策を考える必要があります。被災地では
電力供給や水の供給に問題があり、医薬品も不足しますので、通常の医療を受けられなくなります。普段から医療を継続しなければならない患者(透析や呼吸器疾患など)を、被災地の外へ搬送する必要があります。通常の医療を受けられる場所へ早く搬送しなければ、せっかく助かった命を落とすことにもなりかねません。

 三陸海岸の県立久慈病院、県立宮古病院、県立釜石病院、県立大船渡病院は高台にあり無事でしたが、いずれも自家発電のための重油が(3月14日時点で)あと2日分しかないとのことです。電力の問題は短時間で解決できるような状況ではありません。
 運べる患者をできるだけ大量に、被災していない地域の医療機関へ搬送する必要があります。物資や食糧が不足している被災地へ医師や看護師を送り込んでも、丸腰では、手術や機械を必要とするような医療はできません。被災地から患者を運び出すことが重要です。

 県境を越えて大量の患者搬送ができるのは、自衛隊や米軍です。できる限り大量の患者搬送を実現するためには、自衛隊だけでなく、米軍に対して、日本政府は一刻も早く患者搬送の要請をしていただきたいのです。米軍は既に”Operation Tomodachi”と名付けて第7艦隊を展開し、本州沖で救援活動に当たる米艦船は計9隻になると報道されています。たとえばUSS Tortugaは、救援や搬送に欠かせないヘリコプター2機を韓国で搭 載し、第7艦隊のフラッグシップであるUSS Blue Ridgeはシンガポールで救援物資を搭載するなど、地震発生から短時間のうちに準備を完了して日本へ向かったのです。

 3月13日(日)には、被災地から羽田空港に患者が搬送されたようですが、羽田
空港は大量の民間機が利用しており、ヘリコプターの離着陸がひどく制限されま
す。自衛隊の基地、米軍の空母や横田基地などを利用する方がはるかに効率的に
大量搬送できます。

 私自身、横須賀米海軍病院で働いたことがありますが、患者搬送(Medical
Evacuation; MedEvacメドバックと言います)は、米軍のルーチンのオペレーショ
ンです。医師や看護師の他にも、戦場で患者のケアや搬送をするためにトレーニングされた衛生兵も大勢いて、患者搬送には慣れています。横須賀から沖縄の米海軍病院や米本国の病院へ、長距離搬送もしていました。横須賀基地から日本の病院へ搬送するときは、私たち日本人医師が、受け入れ可能な病院を探し、患者の医療ニーズのマッチングや、受け入れ病院の医師と米軍の医師との間のコーディネーションや通訳を担っていました。現在も、横須賀と沖縄の米海軍病院で働く日本人医師が6人ずつ、計12人いるはずですし、その卒業生医師たちが日本各地にいます。他にも、日米で臨床経験のある医師たちや、英語で医学的なコミュニケーションができる医師たちはたくさんいますので、支援を呼び掛けることができます。
 日本政府が米軍に患者搬送を要請すれば、被災地の医師、受け入れ病院の医師、米軍の医師との間で、患者の医療ニーズのマッチングや通訳などを担える医師たちは現場にいるのです。それだけではありません。被災していない地域の医療関係者たちは、それぞれ自分に何ができるかを考え、着々と受け入れ態勢を整えつつあります。皆、一刻も早く被災地の方々の役に立ちたいと準備しているのです。日本政府は米軍に対し、一刻も早く患者搬送の要請をしていただきたいと思います。

 最後になりましたが、被災地の皆様の置かれた状況や、自衛隊、消防、警察、
自治体、医療関係者など様々な方々の献身的な働きを思い、心よりエールを送ります。必ず助けに行きますから、どうかそれまで心を強くして、生き抜いてくださいますようお願いいたします。そして、すべての日本国民が世界各国からの救援に感謝しつつ、人類が心をひとつにして、一日も早く復興できますことを祈ります。

※亀田総合病院の小松秀樹先生に一部情報提供いただきました。この場をお借りして御礼申し上げます。

筆者プロフィール
村重直子(むらしげ なおこ)
1998年東京大学医学部卒業。横須賀米海軍病院、ベス・イスラエル・メディカルセンター内科(ニューヨーク)、国立がんセンター中央病院を経て、2005年厚生労働省に医系技官として入省。2008年3月から大臣直属の改革準備室、7月改革推進室、2009年7月から大臣政策室。2009年10月から内閣府特命担当大臣(行政刷新担当)付、2010年3月退職。現在、東京大学勤務。著書に「さらば厚労省 それでもあなたは役人に命を預けますか?」(講談社)。









別件で同様のメールです。

「今回の早稲田大学YMCA災害地派遣は、「災害時ホルモン補給援助チーム」(代表岡本新悟医師、岡本内科こどもクリニック医院長、奈良県)の一員として、汎下垂体機能低下症(中枢性尿崩症、甲状腺機能低下症など)への稀少薬の運搬を行います。これらの薬は患者の生命の維持に必須であり、かつ稀な病気であるため被災地では入手困難であると想定されます。このため、岡本新悟 医師が用意して下さった薬を奈良から東京、東京から現地へとリレーして、直接患者まで手渡しを行う予定です。
【携行医薬品】
  中枢性尿崩症用           デスモプレシン 20本
  下垂体機能低下症および副腎不全用  コートリル  500錠
甲状腺機能低下症            チラーヂン 1000錠」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




| | コメント (1) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

my動画 | おすすめサイト | ばかばかしいテレビ番組 | イベント | ウェブログ・ココログ関連 | エデンの東 | エネルギー問題 | ガーデニング | ギャンブル | クラシック音楽 | グルメ | スポーツ | チャン・ヒビン | テ・ジョヨン | ニュース | パチンコ屋 | ヒストリーチャンネル | ファッション・アクセサリ | マイプリンセス | 三田渡碑文 | 丙子胡乱 | 中国の映画 | 中国ウォッチング | 中国武侠ドラマ | 住まい・インテリア | 北朝鮮問題 | 医療・健康番組 | 千秋太后 | 南京大虐殺の虚妄 | 原発事故 | 古代史 | 在日中国人問題 | 外国映画 | 大災害 | 女人天下 | 学問・資格 | 家事一般 | 小沢事件 | 小説・シナリオ | 帝国の朝 | 心と体 | 政治の話 | 新型インフルエンザの話 | 旅行・地域 | 日本のドキュメンタリー番組 | 日本のドラマ | 日本の名画 | 日本の教育は最悪だ | 日本の皇室 | 日本の領土問題 | 日記・コラム・つぶやき | 日高レポート | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 最先端の医学 | 最悪【人権救済法案】断固阻止 | 有名人 | 朝鮮半島ニュース | 朝鮮戦争 | 朴大統領って何? | 東京の名所 | 東北関東大震災 | 民主党なんか大嫌いだ | 池田大作関連本 | 王と妃 | 王と私 | 環境問題 | 目撃情報 | 経済・政治・国際 | 考古学 | 芸能・アイドル | 薬害 | 近代史 | 選挙 | 金笠の詩 | 韓国のドキュメンタリー | 韓国の放浪詩人「金笠」 | 韓国の歴史ドキュメンタリー | 韓国ドラマ | 韓国ドラマ「太陽の花嫁」 | 韓国ドラマ「第5共和国」 | 韓国バラエティ | 韓国映画 | 韓国歴史ドラマ「テジョヨン」 | 韓国歴史ドラマ「戦友」 | 音楽 | 風景