カテゴリー「家事一般」の2件の記事

自宅マンションのこと

自宅マンションは、神奈川県住宅供給公社の分譲マンションで、神奈川土地建物保全協会が、管理会社。

今まで、いろいろなトラブルがあった。

3段式駐車場があって、その上段に入れてあった車を出そうとした時、車が突然、落ちてきた。

あやうく、車の下敷きになるところだった。

原因は、後ろ側にあるレールに、箱が挟まっていたこと。
なぜ、そんなものが挟まっているのか、理解できないけれども、風が強くて飛んできたのかわからない。私の車は、壊れたけれども、走ることはできた。急いででかけるところだったので、出かけた。
後日、保険が出ると言われた。
そして、管理組合理事会から、その保険金を、わずか14万円くらいだけれども、管理組合に入れろと言われた。
信じられない。
こちらが、慰謝料ももらいたいくらいなのに、なんでそんなことを言われなきゃならないのだろう。

(追記)その時の資料を見つけた。 理事長が、駐車場の修理代をよこせと主張し、さらに、払わない私のことを非難する文書を配っていた。その保険金は、車の修理代であり。車検を取った直後なのに、車の目に見えない故障があるといやだし、修理の期間中車がつかえないと困るので、結局買い替えることにしていた。

その後、トイレの水漏れ事故を起こしてしまった。
調子が悪くて、時々修理してもらっていたけれども。sPの修理業者はたしか、S興業。このような事故を起こす可能性があるなら、さっさと取り替えるようにするべきだった。

水の流れが止まらなくて、流れっぱなしになっていた。
水漏れ事故ですみません、と思っていたけれども、自分の家の保障はなし。

階下の修理費用は保険で出してもらえた。
そのとき、「トイレの状況を確認するために、みさせてください」と管理会社のenomotoという人物に言われて、業者を入れた。
その後、そのenomotoは、なんと、確認費用を出せと言った。

言うことがころころ変わる。
びっくり。
もちろん、無料でと言ったでしょと、言って、出さなかった。
そして、保全協会からきた業者はS興業で、そこの見積もりは、緊急修理に来てもらった業者クラシアンよりも2割くらい高かった。

先日の排水管掃除の業者もS興業のトラックで、別の名刺を出し、何かあったら、ここに連絡してくださいと言った。

もちろん、連絡しない。

今回、自宅のベランダにある避難ハッチがさびているとのこと。

消防設備点検で、理事長が、なぜか業者と一緒に入ってきた。

自宅のベランダは、ものがいっぱい。
夫が、プランターや、さまざまなものを置いていた。

先日、不用品をもっていってもらったとき、ベランダにあるテレビももっていってくださいと、頼んだ。二つだと思っていたら、三つもあった。

それでも、まだまだベランダは片付かない。

避難ハッチの修理をすると理事会で決定したと、仕事に出かけようとする平日の朝、業者が寸法を測りに来た。

急いでいるときに、予告もなしに、くるなんてとういうわけだろう、と思った。
後日の土日にしてもらった。

寸法を測った業者は、この状態だととりつけできないと言った。
(追記)そのとき、私は、すぐ言片付けるのは無理といったら、業者は、「じゃやめますか?」といった。そんなものか、と思ったけれども、また別の日にこられても迷惑なので、「とりあえず測っていってください」といった。 だから、今回は測っておくだけで、まだ発注しないものだと思っていた。

私は、ゴミ出しを夫に任せていたけれども、夫はもう介護施設にいる。

重たいものを運び出すのは、ほとんど無理。

しかもこのマンションは、朝ゴミ出しをすることになっている。
ゴミ置き場がない。

朝は、忙しいのに。
遅刻が多くて、すれすれなのに。

先日、今月中にやると、突然言われた。
何もペーパーもなくて、急にそんなことを言われても無理だと答えたら、こんなペーパーが入っていた。

>Img_2949_3_9

こういう説明を見るのは初めて。

「交換すると決まった」と業者が言っただけ。
点検の後何も、言われてない。
「片づけをお願い」されてないし、消防署立ち入り検査なんてあったのも知らない。
何にも知らされていなくて、初めて入っていた連絡が、これ。

びっくり。。

しかも、もし、2月15日までに片づけられていない場合は、「強制的に撤去の上」だそうだ。

今日、電話をかけてみた。
「期日を区切ったほうがいいと思ったので」だそうだ。
「強制的にって、どうするんですか」
と聞いたら、返事はなかった。
私は、「足場を組んで、勝手に撤去してもらっていいですよ」といった。
占有部分を通って、やりたいのだそうだ。
よく言うよって感じ。
「強制的ってどういうことですか? 勝手に入るなら、不法侵入で警察呼びますよ」といった。

私は、平日は仕事で家にいないし、土日も忙しいことが多い。
どのくらいの時間、どのくらいのスペースが必要か、全く分からない。
こちらの都合も全く聞こうとせず、横柄というか、お役所的というか。

神奈川保全協会は、賃貸管理をしているので、賃貸住宅の保全は、義務だから、そういう態度でやっているのかもしれないけれども。
こっちは、占有部分の修理は、自前、自己責任、自己管理だ。

夫がいるなら、夫がやるはずだった。夫は、実家で近くの防空壕にものをしまったり。近くの空き地で野菜をつくっていたとのことで、せっせと箱に土を入れて、種をまいていた。その他がらくた多数。 「うちの夫がいないの知ってますか?」 と聞いたら、「姿が見えないと言ってました」という。 こちらが困るのを承知で、やってるのだろうか。

「工事ができるかどうか、みます」だそうだ。

「『みさせてください』でしょ」といった。
知人の神奈川県職員は、自治労の委員長で、先日、知事や議員さんたちを着物で接待したそうだ。

保全協会も、県職員と関連があるというか、住所は、大体同じ場所だ。

この理事長は、管理費を滞納したとのことで、昨年末怒鳴りこみに来た。
玄関をこじ開けて、入り、「払え」と、借金取りのようにわめいた。
ここまでする理事長は、初めてだ。
督促状が来て、反論し、裁判になったことがある。

金利が16.9%と書いてあったので、それがある条例というか、法律に違反するという点を主張し、別のところでも管理費をためているので、当方としてはいたしかたなく、このような事態になっているということを主張し、ちょうどボーナスが、入る時期だったので、それで、利子なしで払うことで、まとまった。

しかし、昨年末の理事長怒鳴りこみの二日前くらいだけれども、振り込んであった。
それを確認もせず、怒鳴りこんだ。

私は払ってあると言った。
その後、何も言ってこなかった。
払ってあったのに、勘違いで怒鳴りこんで、あやまりもしない、非常識な人物だ。

今回は、全く連絡もなく、突然、このような脅し文句。

信じられない。

聞けば、周りを30センチくらいのスペースをあけて、1メートル四方くらいの器材置場が必要なのだそうだ。

そのくらいのスペースなら、作業員でどかしてもらえば、あくかもしれない。

しかし。。。

もう、まじめに考える気力もないくらい、腹が立った。

こちらは、歳なんだから。。

住民を何だと思ってるのか。

今度、管理会社を変えることになっている。
理由は、他の管理会社のほうが、ずっと安くて、今、管理人がいない日があるけれども、毎日いるようにできて、さらに安くなるらしい。

Img_2951

保全協会の管理から、他の管理会社に移す動きは、だいぶ前から、顕著だった。

神奈川県住宅供給公社が赤字のため解散が決定した段階で、分譲マンション管理の保全協会の役割も終わった。

以前ネットで調べてみると、あまりよくない管理会社とのことだった。
昨日調べたら、かかわらないほうがいい、というコメントだった。
なるほど。。
言うことがころころ変わって、信用できない。

本当にうんざりする。
社名も、2年間だけ、変えていた。

Img_2950

今は元に戻っている。

実質同じなのに。

理事会メンバーは、4人。

月5000円、出るらしい。

理事長は、1万円か?

高すぎるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

片付けるのは苦手です

子供のころ、お客様が来るとなると、母にあちこちの掃除を命令された。
年末の大掃除も、みんなで分担して、やらされた。
ここが汚いとか、チェックが厳しくて、いつもうんざりしていた。
母は、使用人のいる家に生まれたけれども、お姉さんに命じられたトイレ掃除で、その水をかけられたと言っていた。
母は、体を動かすのが嫌い。
本を読んだり、口を動かすほうが好き。
そういうわけで、家事をいつもやらされるのは、私。

しかし、私も家事は嫌い。
家事よりも、本を読むほうが好き。

就職してからは、自分の部屋の掃除はほとんどせず。
ベッドだったので、ベッドの上だけ、快適なら、床はどうでもいいとばかり、手抜きをしていた。
母に、埃がつもっていると言われて、なるほど、ほんとに積ってると思ったくらい。

結婚してからは、2DKだったので、休みの日に掃除をすると、何とかきれいになった。

今は、4LDK。
一人で掃除しきれない。
家政婦を雇えばいいと、夫は言うけれども、とてもそんな余裕はなかった。

結婚するときに、母が夫に、「うちの子は掃除が苦手で」というと、「僕が掃除しますから」と答えたので、すっかり当てにしていた。
しかし、夫は、掃除機をかけない。
目が悪いので、細かいごみが見えないらしい。
大きなゴミを拾って、いろいろなものをしまうので、夫が片付けてしまうと、モノが無くなると騒ぐことになるので、できるだけ、リビングルームなどに、大事なものを出しっぱなししない習慣がついた。
今のマンションに住んで、しばらくしたとき、家に帰ると、インテリアが大幅に変えられてしまっていた。
夫はウェイトリフティングをやっていた力持ちなので、家具の移動なども平気。

天井が2メートル60センチの高さなので、そこまで積み上げるとかなり収納力があるわけで、びっしりつみあがってしまった。

夫の部屋もいろいろなものがびっしり入っていた。
二段ベットの上の段が物置になっていた。
私も置かせてもらって、季節の物などをしまうのに使っていた。
しかし、今年の地震で二段ベットが壊れたらしい。

ごみ処理の専門業者に頼んで、今回、壊れた二段ベットや、壊れていたソファベット、ソファなどを持って行ってもらった。

ベランダにテレビが3台もあった。

いろいろなくなって、すっきりした。
これから、まだまだ片づけるのが大変だけれども。

業者いわく、「これを片づけるのに、大人が三人、三日かかる。マンションのほうが一戸建てよりも大変なんですよ」

私は、実は、捨てられない性格。
というか、もったいないと思う。

実は、四〇年前に買ったコートも一着愛用している。
今着ているコートは、子供が小学校六年生の時に、太りすぎで、ラージサイズの専門店に行って、買ってあげたコート。

数年前、子供に、私が二〇年前に買ったコートを着せていた。
ちょうどよかった。

コートなどは高いので、貧乏だったため、なかなか買えない。

数年前に越後湯沢の安いマンションを買って、本や洋服をしまってある。
洋服は、ありとあらゆる着られるものをしまってある。
サイズの大きいもの、小さくて着られないもの、デザインが古いものなどなど。
すごい量だ。

テレビでコンマリさんの「ときめきを感じるものだけ残してください」という番組を見たけれども。
着られるものを捨てるなんて、もったいなくて。。。

大体、ときめきを感じる本ばかりなので、膨大な本は全く捨てられない。

今は忙しくて読めないけれども、暇になったら読みたいという本がどっさり。
さらに、現在DVDも増えまくっている。
私が、定年退職後、いくら時間があっても、すべてを見切れないかもしれないけれども。

在庫を整理して、目録を作り、順番に見ていくのが楽しみ。

まだ着られるものを捨てるなんて、と思う。

ゴミ処理業者が来ているとき、これは、洗えば使える、と口走ったら、片づけられない人だと言われた。

そうかもしれないけれども。
もったいないと思う。。。

昔は、雑巾になるまでリサイクルしたものだ。。

今は、どんどん捨てて、どんどん買ってもらうほうが、ファッションやさまざまな企業としては望ましいのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

my動画 おすすめサイト ばかばかしいテレビ番組 イベント ウェブログ・ココログ関連 エデンの東 エネルギー問題 ガーデニング ギャンブル クラシック音楽 グルメ スポーツ チャン・ヒビン テ・ジョヨン ニュース パチンコ屋 ヒストリーチャンネル ファッション・アクセサリ マイプリンセス 三田渡碑文 丙子胡乱 中国の映画 中国ウォッチング 中国武侠ドラマ 住まい・インテリア 北朝鮮問題 医療・健康番組 千秋太后 南京大虐殺の虚妄 原発事故 古代史 台湾のドラマ 在日中国人問題 外国映画 大災害 女人天下 学問・資格 家事一般 小沢事件 小説・シナリオ 帝国の朝 心と体 政治の話 新型インフルエンザの話 旅行・地域 日本のドキュメンタリー番組 日本のドラマ 日本の名画 日本の教育は最悪だ 日本の皇室 日本の領土問題 日記・コラム・つぶやき 日高レポート 映画・テレビ 書籍・雑誌 最先端の医学 最悪【人権救済法案】断固阻止 最近の世界情勢 有名人 朝鮮半島ニュース 朝鮮戦争 朴大統領って何? 東京の名所 東北関東大震災 民主党なんか大嫌いだ 池田大作関連本 王と妃 王と私 環境問題 目撃情報 経済・政治・国際 考古学 芸能・アイドル 薬害 近代史 選挙 金笠の詩 韓国のドキュメンタリー 韓国の放浪詩人「金笠」 韓国の歴史ドキュメンタリー 韓国ドラマ 韓国ドラマ「太陽の花嫁」 韓国ドラマ「第5共和国」 韓国バラエティ 韓国映画 韓国歴史ドラマ「テジョヨン」 韓国歴史ドラマ「戦友」 音楽 風景 J-COMドキュメンタリー